一緒に歩こう。
たくさんの楽しいこと探して。
出逢ったすべてに感謝!ありがとう。
そして また会おうね。
残暑お見舞い申し上げます

暑い日が続いて 夏本番!と思いきや

立秋も過ぎて暦は「秋」。 早いものです。

 

IMG_2278.JPG

庭にタカサゴユリが咲き始めました。 

タカサゴユリの赤褐色のラインが大人びて見えます。

いつのころからか この赤褐色がない真っ白なユリも咲くようになりました。

テッポウユリ???

いやいや、毎年タカサゴユリの咲いていた場所ですから…・

 

IMG_2271.JPG

ホトトギスもこの暑さに負けていません。

気温だけで季節を判断してなのでしょうね。

太陽の傾きとか 昼夜の時間差だとか 植物は感じ取っているのでしょう。

 

そうそう!寄せ植えにパセリを植えていたのですが、気が付いたら・・・

IMG_2266.JPG

お客様。しかも3匹。(写真の2匹のほかに もう1匹)

こうなることを ちょっとだけ狙っていたのでうれしい。

 

IMG_2263.JPG

でもまさか 3匹も・・。パセリが足りない!! 

「おなかすいた〜。何かないのぉ」と怒られているみたいです。

急いでパセリを調達しなければ!

そろそろ蛹になるころ。無事に翅を広げて羽ばたいてくれますように。

 

 

 


| 日記 | 15:57 | comments(8) | trackbacks(0) |
巣立ち 2016
シジュウカラが巣立っていきました。

もうそろそろ巣立ちだね。と話していた数日前。
今日かもね。と言っていたら、ドンピシャ!

餌を持たない親鳥が 巣箱の近くで鳴き続けていました。
IMG_1805.JPG
旅立ちたいヒナ、でもまだ勇気が持てない・・・
「おとうさん、どうしたらいいの?」
IMG_1806.JPGIMG_1808.JPG

IMG_1809.JPG 
 飛び立とうとするヒナを
 親鳥はやさしく導きます。

 鳴いてせかしたりしません。
 ゆっくり ヒナが飛び立つのを
 待っているようです。

IMG_1810.JPG
がんばってみようか。
もう、あとちょっとの勇気だけが必要のようです。
がんばれ!
IMG_1811.JPGIMG_1812.JPGIMG_1813.JPG
餌を持って帰ってきた親鳥。
餌をこのヒナに上げるのかと思いきや、ヒナは餌を食べることなく
巣立っていきました。
親鳥は餌をくわえたまま 巣箱に残っているヒナのもとへ。

そんなことを繰り返し、次々と15分ほどで7羽、全員が無事に巣立っていきました。
IMG_1822.JPG
電線でほかのヒナの巣立ちを待っているヒナ。
産毛が頭にぽわぽわ・・かわいい。

ちょうど、全員の巣立ちを確認したところで私の出勤時間。 なんて大家孝行なんでしょう。
嬉しい一日となりました。


      ******* お ま け ********

娘が小学校6年の時にたまたま見たテレビで 生まれつきや病気で髪を失った子供たちに
無償でカツラを送る活動をされている団体があることを知りました。

http://www.jhdac.org/ ← こちら

「やってみたい。誰かの役に立てるのなら」と娘は決意し、3年。
もともと長かった髪を大事に伸ばし続け、規定の長さに達したので切ることにしました。

IMG_1848.JPG 

 直毛のしっかりとした髪質。

 お日様が当たると少し栗毛の
 ような色に・・。

 どうぞ 少しでも
 どなたかのお役に立てますように



賛同美容室が近くになく 近所の美容室に主旨と方法などを話したところ
快く引き受けてくださいました。本当にありがとうございました。
カットの後もきれいにヘアスタイルを整えてくださり、娘も大喜びでした。

今年、NHK「にっぽん紀行」でも紹介されていたので 見られた方もいらっしゃるかも。
自分にできることを。誰かの笑顔のために。

娘にとっても いい経験となりました。
そして、また寄付できる長さになるまで髪を伸ばし続けるようです。
 

| とり | 16:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
今年も元気なシジュウカラの声が響きます。
庭に巣箱を取り付けたのは2月でした。
いつもの年より のんびりなシジュウカラのご夫婦にご入居頂きました。
例年 1週間程度で巣作りは完成するのですが
途中で巣作りをやめてしまったのかと 心配するくらいゆっくりでした。

巣材が不足しているのかも・・・と気をもみました。
代わりに作ってやることはできませんから。

でもしっかり巣作りし、産卵。
4月29日には孵化していました。

IMG_1701.JPG

毎年感心させられるのは、教えられたわけでもないのに
オス、メスの役割分担がしっかりしており なおかつ仲良く助け合って子育てする姿です。

IMG_1698.JPG

右がメス。お尻を向けているのはオス。
今年のお母さんのネクタイは太くてバッチリタイプ。
羽根の乱れが産後の疲れを物語っています。

IMG_1699.JPG

巣箱に入る前に ちらっとこちらを警戒。にらまれました。
餌はクモのようです。
ヒナたちが大きくなっていることが 運んでくる餌でわかります。

孵化からもう2週間。
そろそろ 巣立ちの準備に入ります。
親が餌を加えて帰ってきても 巣箱に入らず鳴き続けています。
じじじじじ。ちゅぴちゅ、じじじじじっ。
「安全だからおいで」
じゅじゅじゅ じぃじぃじぃ。
「早くご飯頂戴!」「おかさん、どこにいるの?」
にぎやかな親子の会話がこの時期は聞かれます。




次男が小型カメラを巣箱に設置して撮ってくれました。
餌を与える親鳥、親鳥に糞の片づけをお願いするヒナ。
孵化できなかった卵が2個確認できました。

小型カメラの性能の限界もあり、撮影後は外しています。
やっぱり落ち着いて子育てして欲しいです。

巣立ちが楽しみでもあり、寂しい…。
元気に無事巣立ちますように。
 

| とり | 17:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
ハナキリン
IMG_1741.JPG
ハナキリン トウダイグサ科
茎はトゲトゲ、花もどこか人工的な感じがします。

去年の冬に霜にあててしまい 葉はほぼ全滅・・・
ダメになった葉や茎を切り、春から戸外でお日様にあててました。
復活!!この生命力に驚きます。

花言葉は「自立」「逆境に耐える」・・深く納得!
    「早くキスして」・・あ〜この花の形ね。(^ε^)-☆Chu!!

花の構造がよくわからず検索してみたものの はっきりわからず
観察したものをまとめてみました。
それがまた謎を呼ぶ事態になり・・・困惑したままです。

杯状花序といい花弁に見えるのは総苞。
IMG_1789.JPG
総苞の間に腺体があり、蜜でウルウルしているものも。

IMG_1720 - コピー.JPG IMG_1731.JPG
腺体は5個だったり10個? こんなに違うの?
つんつんしているのは雌花の柱頭。右の写真は8本。ほとんどが6本。
でも・・・
「トウダイグサ科の一つの重要な特徴として子房が3つの心皮が寄り集まって
三室となっている点がある。つまり、中空の粘土で出来た紡錘形の塊を三つ寄せ集めたような
形である。柱頭もこれに対応して三つに分かれる」 Wikipediaより
1本が2つに分かれているということかな?

IMG_1767.JPGIMG_1727 - コピー.JPG
蜜がうるうるの時期が終わると雌蕊は枯れたようになり
苞のわきから次の花序が伸びてきます。
そのころ雄蕊の葯から黄色い花粉があふれていました。雌性先熟。

とっても小さくてよ〜く見ないと見えない大きさです。
 
IMG_1782 - コピー.JPG 花序を縦に切ってみました。
 腺体のすぐわきに葯と花柱があります。

 雌蕊は4つと2つに分かれて
 しまいました。
 途中で分かれて6個の柱頭?
 と思っていましたが
 子房まで続いているようにも見えます。
 横に切ってみるべきでした。
 

どんな果実をつけるか見てみたい・・・果実、つけたことあったっけ?
とりあえず 元気に育ててみます。


 

| 植物 | 21:32 | comments(4) | trackbacks(0) |
川原で遊ぶ
IMG_1630.JPG

大型連休の真っただ中!
久しぶりにBBQに行ってきました。 ほんとずいぶん久しぶり。

のんびりと程よい暖かさと、風と 静寂と 時間の緩やかさ。
大勢の方が集まっているにも関わらず どこか静かに感じるのは何だろう。

川の流れを見ているだけでも癒される気がします。

IMG_1682.JPGIMG_1680.JPGIMG_1678.JPGIMG_1677.JPGIMG_1676.JPGIMG_1675.JPG

川原に来たら やっぱりこれをしてしまいます。
「無」になって ひたすら石と格闘します。
静かに真剣に集中。 精神修行しているような・・・

IMG_1633.JPG
菜の花かと思いきや、たくましい葉っぱ。
IMG_1631.JPG
艶があり、切れ込みもあるこの葉はどなた?
果実も短い・・ナノハナじゃないことは確実。

ハルザキヤマガラシでしょうか?
要注意外来生物に指定されているとか。 
気づいてみればこの川原のあちこちに点々と咲いています。

IMG_1642.JPG
こちらの花も 負けずに点々と咲いています。
IMG_1646.JPG
このかわいい花も川原で点々とさいているのでしょうか?
オオカワヂシャ
オオイヌノフグリに似た花と果実。
これまた丈夫そうな葉を持っています。

本の数時間でしたが、心の洗濯ができたようなすっきりとした時を過ごせました。
 

| 日記 | 21:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
あまがえる
ものすごく久しぶりに更新しています。  
ずいぶんサボってしまったものです。

季節が移り替わっていくことに鈍感になっていました。
気が付けば木々が芽吹き 野に花が咲き 風があたたかい・・。いいなぁ、やっぱり。

先日、ハンギングの植木鉢に発見!!
IMG_1328.JPG

アマガエル!!
葉っぱの隙間から顔を出して日向ぼっこ。
どこから来たの?・・・・・あぁぁっ!!!もしかしたら!?

話せば長い話になるのですけれど…
去年の6月。
次男が隣町の田んぼから連れ帰った生き物。
ここから1年後のアマガエルにつながっていくのです。
IMG_8473.JPG

ホウネンエビ。
生態は面白く短い命のリレーの逞しさに感動します。

数匹のホウネンエビを捕まえてきていたのですが、一緒にボウフラも・・これは困る!
網ですくいとってみたもののすべては難しく、メダカを入れて捕食してもらうことにしました。
作戦は成功・・・ボウフラはあっという間にいなくなりました、が、
数日すると ホウネンエビの姿が次第に減り始め、形跡すらなくなってしまいました。
そうです。メダカがボウフラもホウネンエビも食べてしまったのです。

仕方なく3匹のメダカを飼うことになりました。
その数日後、水槽の中に黒い点。動いてます。

やがて、黒い点は
IMG_7338.JPG

立派なオタマジャクシに育ちました。
そしてメダカはオタマジャクシに・・・。食物連鎖 (T_T)
すくすく育って
IMG_8621.JPG
かわいいカエルになりました。
200mほどのところに水田はあるけれど、移動できるかしら?などと心配してみたけれど
いつの間にかどこかに行ってしまいました。

そして1年。
植木鉢のカエルはこのカエルに間違いない。
IMG_1595.JPG
植木鉢の住人としてそっと暮らしていました。

なんとも愛おしい・・。

植木鉢に水飲み場の小鉢を置きました。

 

| 自然 | 13:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
入居者募集中
今年は暖冬のためか?木の実が豊富なのか?
もしかして 住む場所を変えてしまったのか?

野鳥が住宅街に姿を見せることが少ないと感じていたこの頃。
シジュウカラが遊びに来るようになりました。
スズメもメジロも。

IMG_9894.JPG



IMG_9901.JPG

ひまわりの種を置いておくと、どこでそれを知ったのかシジュウカラがやってきます。
「もらったよぉ」と喜んでくれているように見えます。

IMG_9878.JPG

初めて実をつけたマンリョウの実をちゃっかり食べていったのは どこのどなた?
こんなお客様の痕跡を見つけたときは ほっこりあたたか気分。

去年設置した巣箱からの巣立ちは 今までで一番切なく悲しいものでした。
今年はもう、やめようかと思っていましたが やっぱり小さきものの命(生きる力)を
見たくて作ってしまいました。
IMG_9880.JPG
住宅街の一本の木の巣箱に気が付いてくれるのは どの鳥でしょう?
気に入ってくれるでしょうか?
「入居者募集中」
カラス対策として上部(屋根の部分)は開閉可能ですが、錠を付けました。
安心して子育てしてください。


    ********** お ま け *************


IMG_9866.JPG
子供のころからある「チョコボール」がちょっとリッチに。
お値段もそれなりに↑↑↑。
IMG_9868.JPG
チョコボールを取り出すくちばしにエンゼルマークを発見!!
「プラチナ」!!「金」「銀」は知ってるけど・・・
一枚でおもちゃのカンヅメがもらえるようです。 早速送ってみました。
まだ 届いていません。届いたらまたレポートしますね。

これで今年の「運」は使い果たしてしまったかも!!!(´゚д゚`)




 

| とり | 23:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
どんど焼き 2016
昨日はこの冬一番の寒さだったとか。
今日は初氷。
冬らしくなってきました。

IMG_9816.JPG

近所の植え込みのロウバイ。
ことしもいい香りが一帯にひろがっていました。が、ちょっと違和感。
花が葉っぱに埋もれるように咲いています。
あれ?この時期に葉っぱってありましたっけ?
あまりにあたたかい冬なので 葉を落とす時期を逃してしまったのでしょうか?

1月10日、町内会のどんど焼きがありました。

IMG_9826.JPG  

 小学生の子供たちが
 松明を持って点火します。


 危ないので大人が
 付き添います。





















IMG_9836.JPG
 あっという間に広がって
 火の粉を飛ばします。

 お正月の神様も
 おかえりになります。























IMG_9857.JPG
小さくなる炎を見守ります。
ご近所の皆さんとご挨拶したり世間話したり。こうやって地域の輪ができるんだなぁ。
お団子を焼いて 今年一年の無病息災を願います。

ことしも元気で過ごせますように。




 

| 日記 | 12:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
謹賀新年

        あけましておめでとうございます

2016初日の出1.JPG

2016初日の出2.JPG

2016年1月1日 初日の出

この一年が終わるころには 充実した一年だった
おおかた楽しい一年だった
みんなが幸せを感じられた一年だった
と思える年になりますように。
そのために頑張れる一年でありますように。

日の出を待つ間 暖冬といえども寒くて 手がマヒしそうでした。
空が明るくなるころ20数キロ先の新宿のビルたちが
赤く照らされていきます。
太陽の光が届くと柔らかい暖かさも届きます。


皆さんにとっても良き一年になりますように。
 

| あいさつ | 20:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
今年もあっという間に
何ともこんなにブログをお休みしていたとは・・・。
久しぶりにパソコンを開いてみてびっくりしています。

今年もあと数分で来年がやってきます。
紅白歌合戦も聖子ちゃんの歌が終わりました。

今年、初めて実をつけたのは
IMG_9770.JPG
マンリョウ
私が植えたものではなくて、鳥の落とし物 つまりプレゼントです。
今年はこの一株ですが手前にも奥のほうにも葉を広げたマンリョウがあります。
  
IMG_9772.JPG 寄り添うようにあるのはアセビ
 野鳥がアセビで休んだ時に
 落としていったプレゼント。

 ちょうど アセビも3株

 野鳥の律儀なこと・・・・
 

 マンリョウの小さな白い花が
 終わると 
 みずみずしい黄緑の果実が
 膨らみ始めます。
 やがて
 赤く色づいてくるのですが、
 枝からその赤が
 供給されるかのように
 少しづつ染まっていきます。

 果実全体が赤くなっても
 そのみずみずしさは
 褪せることがありません。


冬の寒さの中で花を開くのは
IMG_9775.JPG
キンセンカ (たしか ブロンズ・ビューティーって名前だったかと・・・)
IMG_9780.JPG
太陽の色、熱を写し取ったような花です。
今年の冬は暖かくって 寒さに強いこの花も少しほっとしているように見えます。

今年は仕事が充実した年でした。
そして自分の時間を持つことが難しくなってしまいました。
来年は どんな年になるでしょうか。
「できることから コツコツと」昔誰かが言ってたけれど。
できないと嘆くより できることを探してみようと思いました。
公私ともに充実した年に!を目標にしたいと思っています。

さて、紅白歌合戦は紅組の勝利で終わりました。
ゆく年くる年。
良い年になりますように。

 

| 植物 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER