一緒に歩こう。
たくさんの楽しいこと探して。
出逢ったすべてに感謝!ありがとう。
そして また会おうね。
残暑お見舞い申し上げます

暑い日が続いて 夏本番!と思いきや

立秋も過ぎて暦は「秋」。 早いものです。

 

IMG_2278.JPG

庭にタカサゴユリが咲き始めました。 

タカサゴユリの赤褐色のラインが大人びて見えます。

いつのころからか この赤褐色がない真っ白なユリも咲くようになりました。

テッポウユリ???

いやいや、毎年タカサゴユリの咲いていた場所ですから…・

 

IMG_2271.JPG

ホトトギスもこの暑さに負けていません。

気温だけで季節を判断してなのでしょうね。

太陽の傾きとか 昼夜の時間差だとか 植物は感じ取っているのでしょう。

 

そうそう!寄せ植えにパセリを植えていたのですが、気が付いたら・・・

IMG_2266.JPG

お客様。しかも3匹。(写真の2匹のほかに もう1匹)

こうなることを ちょっとだけ狙っていたのでうれしい。

 

IMG_2263.JPG

でもまさか 3匹も・・。パセリが足りない!! 

「おなかすいた〜。何かないのぉ」と怒られているみたいです。

急いでパセリを調達しなければ!

そろそろ蛹になるころ。無事に翅を広げて羽ばたいてくれますように。

 

  *****追加*****

 

IMG_6963.JPG

2013.08.12 

 真っ白のタカサゴユリ。

すぅーっと伸びた花がスレンダー。


| 日記 | 15:57 | comments(10) | trackbacks(0) |
川原で遊ぶ
IMG_1630.JPG

大型連休の真っただ中!
久しぶりにBBQに行ってきました。 ほんとずいぶん久しぶり。

のんびりと程よい暖かさと、風と 静寂と 時間の緩やかさ。
大勢の方が集まっているにも関わらず どこか静かに感じるのは何だろう。

川の流れを見ているだけでも癒される気がします。

IMG_1682.JPGIMG_1680.JPGIMG_1678.JPGIMG_1677.JPGIMG_1676.JPGIMG_1675.JPG

川原に来たら やっぱりこれをしてしまいます。
「無」になって ひたすら石と格闘します。
静かに真剣に集中。 精神修行しているような・・・

IMG_1633.JPG
菜の花かと思いきや、たくましい葉っぱ。
IMG_1631.JPG
艶があり、切れ込みもあるこの葉はどなた?
果実も短い・・ナノハナじゃないことは確実。

ハルザキヤマガラシでしょうか?
要注意外来生物に指定されているとか。 
気づいてみればこの川原のあちこちに点々と咲いています。

IMG_1642.JPG
こちらの花も 負けずに点々と咲いています。
IMG_1646.JPG
このかわいい花も川原で点々とさいているのでしょうか?
オオカワヂシャ
オオイヌノフグリに似た花と果実。
これまた丈夫そうな葉を持っています。

本の数時間でしたが、心の洗濯ができたようなすっきりとした時を過ごせました。
 

| 日記 | 21:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
どんど焼き 2016
昨日はこの冬一番の寒さだったとか。
今日は初氷。
冬らしくなってきました。

IMG_9816.JPG

近所の植え込みのロウバイ。
ことしもいい香りが一帯にひろがっていました。が、ちょっと違和感。
花が葉っぱに埋もれるように咲いています。
あれ?この時期に葉っぱってありましたっけ?
あまりにあたたかい冬なので 葉を落とす時期を逃してしまったのでしょうか?

1月10日、町内会のどんど焼きがありました。

IMG_9826.JPG  

 小学生の子供たちが
 松明を持って点火します。


 危ないので大人が
 付き添います。





















IMG_9836.JPG
 あっという間に広がって
 火の粉を飛ばします。

 お正月の神様も
 おかえりになります。























IMG_9857.JPG
小さくなる炎を見守ります。
ご近所の皆さんとご挨拶したり世間話したり。こうやって地域の輪ができるんだなぁ。
お団子を焼いて 今年一年の無病息災を願います。

ことしも元気で過ごせますように。




 

| 日記 | 12:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
二人旅
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
7月の最終週に仕事が夏休みでした。
受験生の息子らにはがんばってもらうことにして
娘と二人旅に出かけてきました。

IMG_8679.JPG
諏訪湖です。
8月の花火大会の準備が着々と進んでいるところでした。
高速道路から見下ろす諏訪湖も大きな湖ですが、
こうしてみると さらにその大きさにびっくりします。

お昼はおいしい手打ちそばを頂きました。
そして、向かった先は・・・・
IMG_8814.JPG
車山高原。
上諏訪駅前からバスに乗って ビーナスラインを走ります。
途中、富士山の姿も見られました。
IMG_8829.JPG
緑が素晴らしい。
IMG_8819.JPG
リフトから見た諏訪湖。
登山するにはちょっと不安があったので頂上までの往復はリフトにしました。

日差しは強いけれど カラッと乾いた涼しい風が吹いていました。
周辺を歩いて高原の空気を楽しみました。

お花散策を満喫して高原のペンションで一泊しました。
お花については 次の記事で。(いつ更新できるか不安ですが・・)

| 日記 | 22:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
相撲観戦
なぜに? どうしたことか? 小学6年の娘が「相撲」に夢中なのです。
相撲関係の雑誌を買って穴があきそうなくらい読み倒し、
テレビ中継はかじりつくように見いってます。
           このくらい真剣に勉強の方も・・と願わずにいられない。

1月12日、初場所2日目。相撲観戦に行ってきました。 
IMG_5845.JPG
両国駅を出ると相撲の世界が広がります。 なんだかわくわくしてきます。
IMG_5870.JPG IMG_5876.JPG
幕内力士たち          (西)     (東)
席は東側の2階。1階の枡席はとっても魅力だけどチケット入手が難しい・・。
2階の席からでも十分に楽しめました。
IMG_5896.JPG 横綱の土俵入り

 娘の大好きな白鵬です。

IMG_5914.JPG 翌日の取り組みが
 発表されます。

 テレビでは見られ
 ないことも
 あったり、
 興奮している娘。







IMG_5922.JPG
そんなこんなしているうちに 場内には「満員御礼」が・・。
そういえば 入口で「本日 満員札止メ」の貼り紙があったのを見てました。

この日は娘の応援する力士がことごとく黒星! なんたることだ・・・
唯一、白星だったのは 白鵬。

この日のために娘は 白鵬」と毛筆で書いた半紙を準備していたのです。
おまけに 叫ぶ叫ぶ・・。「えんど〜う」「いきおーい」「はくほぉ〜」

おとなしくは無いけど一歩引いたところがある娘が こんなに熱く応援するとは思わなかった・・
ビックリやら嬉しいやら・・最後は笑ってしまった。嬉し笑いですよ。

IMG_5935.JPG
生で見る「ものいい」は緊張感あります。
IMG_6070.JPG
「番狂わせ」に、座布団が舞う、舞う、舞う。
場内に「座布団を投げないでください」のアナウンス。
「怪我するよね」と言いつつも その活気、熱気にちょっと興奮してしまった。

IMG_6094.JPG
弓取式、打ち出しが終わると場内は静かに清掃が始まります。
枡席の座布団も片付けての清掃にちょっと感動。

大満足の娘。実はこれ、娘へのクリスマスプレゼントなのです。
とうとう、サンタクロ―スの秘密を知ってしまい去年は「サンタさんにお願いはしない」と
頑なに拒否。なのに親に請求がきたというわけです。高くないか、これ。






 

続きを読む >>
| 日記 | 14:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
徳島の夏
IMG_2863.JPG

3年ぶりに家族で徳島に帰省できました。 お盆期間に帰ることができたのは何年ぶりでしょうか。

徳島の特産、「スダチ」がおいしそうでした。
お刺身にギュッと絞ってワサビ醤油でいただくと爽やかな酸味が味を引き締めて更においしいのです。

他には、、、やっぱり阿波踊りでしょうか?
子どもたちは初めて 阿波踊りを体感することが出来ました。
IMG_2902.JPG
藍場浜演舞場は122m。賑わっています。
IMG_2964.JPG
有料演舞場の周りでもあちこちで ‘踊らにゃ そん そん’
IMG_2970.JPG
男踊りは豪快に俊敏に、迫力あります。
IMG_2961.JPG
あでやかな女踊り。なんて嬉しそうな笑顔でしょう。 IMG_2874.JPG
IMG_2881 - コピー.JPG
ちびっこも 大人顔負けの踊りを見せます。IMG_2937.JPG
ママに抱っこされての参加もOK!
IMG_2941.JPG
‘踊る阿呆に 見る阿呆‘ 
私的お気に入り踊り手発見!!! 右端の方。いいなぁ〜このノリ! IMG_2917.JPG
一風変わった阿波踊りも。「レレレのレ連」
そう、天才バカボンのレレレのおじさんスタイルの皆さん。竹ぼうきを持った方もいます。
踊りの途中「レレレのレ〜」と掛け声とともにポーズします。 おもしろい!
IMG_2947.JPG
にわか連。
‘同じ阿呆なら 踊らにゃ そん そん’
飛び入り(当日受付)で誰でも参加できます。
踊れなくったっていいんです。どんなスタイルでもいいんです。(貸出のはっぴあり)
みんなで楽しもう!!

「連」というのは踊りのチームの呼び方。
この日200連ほどが集まったとか。

徳島のあつい夏でした。


           ********* お ま け ************
‘阿呆‘繋がりで・・・・

近所の海水浴場に行きました。風が強くお天気も下り坂のようなので見るだけね、と。

見るだけじゃ物足りなくなって波打ち際で遊び始めました。
   だんだん、徐々に、少しずつ、、、エキサイトするのよね〜

IMG_3081 - コピー.JPG
IMG_3058 - コピー.JPG
なんか楽しそう!
見てるだけじゃ、つまらない・・・私だって!!!
IMG_3065 - コピー.JPGphot by otto
 

| 日記 | 14:11 | comments(4) | trackbacks(0) |
大島旅行記 観光編
三原山を下りて 宿の方が岡田港まで迎えに来てくださいました。
IMG_2585.JPG
「ホテル赤門」
島流しになった源為朝の住居跡にたつホテル。

源泉かけながしの温泉で疲れを癒し、おいしい食事をいただきました。
スタッフの方の丁寧で細やかな心遣いが嬉しい宿でした。

2日目はレンタカーで島をぐるりと回りました。

IMG_2617.JPG
大島といえば ’椿’
「椿のトンネル」は強い日差しを遮り涼しい風が通り抜けていました。

大島周回道路から「月と砂漠ライン」にはいり 目指すは「裏砂漠」
国土地理院作製の地図において日本で唯一「砂漠」と表記されている場所。

駐車場から徒歩5分で裏砂漠につくらしい・・・実際10分ほどかかった・・。

その「裏砂漠」は・・・・

IMG_2644.JPG
なんにも 見えなぁぁぁぁぁいぃぃぃ〜!!!
5mほど先の次男が 亡霊のようにしか見えない! 笑うしかない!!!!

パンフレットでみた広がる大地。荒涼とした砂漠は一体どこ!!!
かなりの強風と戯れ、幻想的な霧の風景を楽しんで車に戻る。

周回道路を南下して
IMG_2664.JPG
「筆島」
見ようによっては人の顔にみえたり・・?

IMG_2667.JPG
「波浮港」
ちょうどお祭りで神輿の準備をされていました。

「波浮港見晴らし台」の向かいにある「波浮港見晴らし台休息所」でお昼ご飯。
小麦粉をアシタバジュースで練り、アシタバを揚げた天ぷらをいただきました。
うまッ!!  

IMG_2681.JPG
「地層切断面」通称「バウムクーヘン」。
道路建設(昭和28年)の際に偶然発見されたものです。
長さ630m高さ24m。約15.000年以上の間に繰り返し発生した大噴火による降下火砕物が堆積した地層。
草が生えているところが帯状にあります。
調べてみると 腐植土層に生えているようです。

この後、島をぶらぶら〜「アイシタバアイス」も食べ島を満喫。
行けるところはすべて行った!! そんなこんなで帰りの船の時間。 大島とお別れです。

IMG_2699.JPG
帰りはのんびり大型客船「橘丸」。次男の強い要望により・・。
後から出向した高速船が追い抜いて行きました。

気ぜわしい日常から離れてのんびりと島の休日を楽しめました。
また 訪れたい伊豆大島。人々のやさしさが心地よい伊豆大島でした。


  ********* お ま け *********

IMG_2706.JPG
去年の10月、台風による大規模な土石流災害が発生したのは記憶に新しいと思います。
当時はテレビでその様子を見守ることしかできませんでした。
9か月たった大島はどうなんだろう?最近報道されなくなった大島が気になっていました。

災害のあった場所を見ることができる近くに行きました。
流れ出した土砂は無くなっているように思えましたが、
壊れた家、営業できなくなったガソリンスタンド・・・傷痕はまだ残っていました。

どうぞ 一日も早い復興をと祈ります。



 

| 日記 | 14:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
稲刈りの田んぼで


長く感じた子どもたちの夏休みもやっと終わりました。
今月は近所の神社の秋祭り。

もう、秋なのよね。

毎年小学5年生は田植から稲刈り、脱穀しおにぎりを作るというのを授業の中で
やっています。
今年の収穫(稲刈り)はいつもの年より 少し早め。
お手伝いに行ってきました。



コナギ(ミズアオイ科)が花を咲かせていました。

不耕起栽培で稲作を行っています。
なので、「雑草」も「いきもの」も もちろん「稲」も元気いっぱいです。



チョウジタデ (アカバナ科 チョウジタデ属)



トウキョウダルマガエル
「東京」と名前につくけれど、
分布は本州(仙台平野、関東平野、新潟県中部・南部、長野県北部・中部)

ザリガニも鮮やかな青がトレードマークの小さなアオモンイトトンボもイナゴ、カマキリ・・・
ちょっと見渡せば「いきもの天国」でした。


授業の手伝いじゃなきゃ、カメラを持ってきていれば・・・
ゆっくり田んぼの中で観察してみたかったです。


  これらの写真は こっそり作業を中断したり、
  作業終了後に スマホで撮影しました。
  不真面目な お手伝いボランティアでごめんなさい。

  カエルはボランティアの農業大学の学生さんと
  追いかけまわしてしまいました。ゴメンネ・・・
  

| 日記 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) |
上野にて
お盆になり、少しだけ空気がさらっとしてきたと
思うのはわたしだけ?
今年はまだまだ暑いけど、ねっとりする
汗から解放された気がする….


部活に出掛けた息子らと別行動で
暇をもて余す娘と上野に出掛けました。





国立西洋美術館。


「涼しく静かにのんびり過ごしたい」
数々の絵画に娘は酔ってしまったよう…いや、飽きたって言ったほうが正しいかも。





ただ、「考えるひと」はビビッときたらしく
俄然、元気を取り戻す娘。なんだかなぁ〜


広い公園内をブラブラ歩いて、目を引いた赤い花。









アメリカデイゴ (マメ科デイゴ属)

大きな木でした。
南国の風情たっぷり!!
別名「海紅豆(かいこうず)」というらしい。海を渡ってきた紅色の豆、ってことかな?



******* お ま け ******


上野駅すぐの「アメヤ横丁」通称「アメ横」をブラブラ歩いてきました。
ここは、私も子どもたちも大ファンである…

「じぇじぇじぇっ!」NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」のロケ地です。



お店の人の活気あふれる声に暑さもぶっとびます。



     ※いま、PCのハードディスクのフォーマット中。
      スマホからの投稿に挑戦してみました。
      ちゃんとできてるかなぁ〜



| 日記 | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
いざ!草津へ
久しぶりに家族で出かけました。(一週間も前のことですが・・・)
目的地だけ決めて 思いつくまま 気のままの道草旅行です。

目的地は草津温泉!!とにかくゆっくり温泉に入りたい。
小雨の中出発。

途中みてみたかったのは、八ツ場ダム建設現場。

八ツ場ダム

大きな橋脚が美しい渓谷にそびえたっていました。
なんだか 異質な感じ…。

吾妻渓谷.

吾妻渓谷はまだ冬の装いでしたが、新緑や紅葉の時期にはどれほど 
感動させる景色になるのだろうと思いました。

八ツ場ダムが完成すればこの一帯はダムの中に水没してしまうようです。
郵便局もお地蔵さまも・・・。
川原湯温泉も。 人の生活も。重たい溜息が出ます。

川原湯温泉では「足湯」を楽しんできました。
また 来られるといいなぁと思いながら・・・。

目的の草津温泉。

草津温泉

ここは 「湯畑」 観光客で賑わっていました。 お土産屋さんも多いしね。


西の河原

高温注意

ちょっと歩いたところに「西の河原」
緑色に見えるのはイデユコゴメという温泉藻。
高温強酸性温泉で生きている単細胞で原始的な紅藻。

閑散としたビジターセンターで、係のおじさんに楽しいお話をうががいました。
温泉を使った発電、イデユコゴメのこと、源泉のこと 硫化水素のこと まちの事・・・・
「草津温泉の酸性度を調べてごらん」とPH試験紙をいただきました。
あちこちから湧き出る温泉を調べると 微妙に酸性度が違っていました。
おもしろい!!!!地面の下はどうなっているの???


帰りは お天気も回復し、気持ちの良い日でした。

白根スキー場

雪も所々残っていて春スキーを楽しむ人たちもいました。


群馬県と長野県の境の碓氷峠を走りました。 (車で)

目的は・・・
碓氷第三橋梁.JPG
                             ↑ ↑ ↑ うちの子たち。
                            
明治に開通し急こう配を走り、トンネルをくぐり汽車が走っていました。
レンガ造りの素晴らしさに 見学している方がいました。


浅間山.

浅間山の雄大さに溜息が出ます。
自然の作り出す 雄大な景色は ずっと このままで!と願います・・・。



| 日記 | 00:47 | comments(6) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER