毎日ちょっと喜びがあると幸せ。
小さな幸せ見つけていけるとうれしい。
春爛漫
赤が沁みる.JPG

ボケ (バラ科 ボケ属)
実が瓜に似てることから木瓜(もっけ)といわれ、それが変化してボケとなったとか・・。
ボケって、まるで ぽわーんて霞んでるような、ぼかしのようなイメージだけど
花は 鮮やか過ぎるほどの赤色。

公園の隣の雑木林の中に咲いています。

公害や潮害には強くないというけれど、大きく育って毎年綺麗に花を咲かせてくれます。
ここの環境がよいということかしら?と ちょっと嬉しい。


桜咲く.JPG

サクラ (バラ科 バラ属)
「今年のサクラは早いですね〜」こんな会話があちこちで聞かれます。
まだ5分咲きのところもあれば ほぼ満開の木もあり。
サクラ自身も「もう、咲かなきゃいけないのか!」と慌ててるかもね。


ちょっと前の事ですが、

春の陽気の中.JPG

湯島天神にお礼参りに行ってきました。

お礼参り.JPG

境内の梅が有名ですが、訪れた時にはほとんどが咲き終わった状態でした。
あぁ、残念…。

この後、ちょっと寄り道して

東京駅.JPG

東京駅です。
1914年に建てられて間もなく100年を迎えます。
去年10月に 丸の内駅舎が保存・復原されました。

大きな美しい建物であることは言うまでもなく 
駅の前の広場では写真を撮ったり、絵を描いたり。
待ち合わせや ただ眺める人も。 ゆったりとした自由な時間が流れていました。


    ********** お ま け *************

見守ります.JPG

今年もシジュウカラの啼き声が 響き渡る季節になりました。
オスの 「ツピーツ、ツピーツ・・・」の声が大音量で聞こえてきます。

そう、楽しみにしていたことが始まったのです。

私は誰でしょう.JPG

運びます.JPG

巣作りは なぜかいつもメスばかり。
オスは メスの側に付かず離れず。 巣材運びはやりません。
離れた所から 見てるだけ〜。

今後が楽しみです。


| 植物・とり | 00:54 | comments(8) | trackbacks(0) |
早春に歌うたうもの
成人式に降った雪が 日陰や路肩でガッチガッチに凍って残っています。
晴れても寒いから解けてくれません。

おひさまは 確実に春のように暖かくなってきました。

透過性

サザンカの葉も光を受け、透しています。

仲良し

花も寄り添って なんだか楽しそう。


色づいてきた


青い空を見上げたまま歩いてみたら、平衡感覚がおかしくなって 茂みに突っ込んでしまった!! アイタタタ・・
  教訓『前を向いて歩こう♪』

落葉樹も枝の先のほうが色づいてきました。 赤っぽかったり 黄色っぽかったり。


ネムノキ.

ネムノキ (マメ科 ネムノキ属)

風が吹くとシャラシャラ 音がします。

シャラシャラ

莢は10cmを超えるものもありました。
ぱっくり裂けて落ちているものもありますが ほとんどが ほんの少し隙間があるくらいです。

タネ

種子は扁平。なるほど…
風に揺れて 隙間から滑り落ちるんだ。 けれど 種子が入ったまま落ちた莢の多いこと。
どういう種子散布の知恵を持っているのでしょうか?



       ******** お ま け **********


野鳥の声があちこちで聞かれます。
恋の季節はこれからでしょうか?

嘘のようなホントの名前

ウソ 
嘘じゃなく 鳥の名前が『嘘』。じゃなく『ウソ』


コルリ 雌

コルリ 
愛くるしい鳥です。 


| 植物・とり | 00:50 | comments(12) | trackbacks(0) |
じっと待つ!
お泊りですか

「蕾が膨らんできたなぁ」と それっきり忘れていた。
黄色に色付いた花びらが 朝日に照らされて ちょっとほころび始めていました。

ヒメリュウキンカ (キンポウゲ科 キンポウゲ属)
秋に芽を出し、ハート型の葉を広げます。
花期は長く、お日様とともに花を開き、夕方再び閉じるを繰り返しています。

花の中に小さな虫が朝寝坊中。
花びらに囲まれて 温かかった? お姫様気分だね。


誘われて.JPG

お日様の熱を感じ始めるころ。

これはご近所のお庭から お嫁入りしてきました。(散歩中にいただきました)
今年で3回目の春かな? 大きな株になってきました。
近くに 小さな株も見つけました。  大きく沢山に育ってほしいなぁ。


そうそう、この頃庭にやってくる野鳥が多くなりました。
心配していたヒヨちゃん(ヒヨドリ)も よくきます。

一番の常連さんは メジロ。
小さな体のくせに 気が強いこと・・・。けんかっ早いし。人間を恐れない、いや 舐めきっています。

戦闘モード


近くで撮りたくて じっと我慢。鳥たちのお気に入りの木の下で 身を隠しつつ待つ!

飛来

シャッターチャンスを逃すまいと 待つ!

モデルさんみたい


ちょうど メジロが止まった木の枝(ハゼ)のところに ガラス窓の反射の光がいい感じ。

小さな虫も 花も 鳥も やっぱり温かいのが良いみたい。


| 植物・とり | 00:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
冷たい雨。
乾燥が続いた後に降り出した雨は 断続的に続いています。
今夜はしっかりとした雪になって 今、5僂曚廟僂辰討い襦ΑΑΑΑ

明日、通勤の足が乱れそうな予感 (;一_一)イヤダナァ。。。


一心不乱.JPG

庭に出しておいた ちょっとポソポソになったリンゴにシジュウカラ。 えっ!?シジュウカラ??
シジュウカラって肉食系かと思っていました。
もう、皮と芯だけになっているのに チマチマとつついて食べていました。


待ち。.JPG

電線に大群で押し掛けてきたのは ムクドリ。
狙っているのは・・・・・

飛来.JPG

センダンの実。
木の上の実はもう無くなっていて、木の下には食べかすが散らかっている。


近くの畑には

ウキウキ♪.JPG

真っ赤な トウガラシ。
こんなに紅いのに 鳥は食べないのね。 ^m^
食べたら 大変!なのを知っているのかしら? 私は好きだけど。


もうすぐ会えるね。.JPG

街路樹のオオデマリ
冬芽が膨らんで モシャモシャ頭が見えていました。
「春はすぐそこだよ〜」って 教えてくれているみたいでした。

んんん?
オオデマリより先に花を咲かせる ヒュウガミズキは どうなんだ???

膨らむ.JPG

ちゃんと 膨らんでる。
ほんのり紅色。 かすかに爽やかイエロー。

  
霧雨のような冷たい雨の中でも 元気に飛び回る鳥たちと小さな春に出会えました。


     雪まだ降っているかなぁ・・・・・・。

| 植物・とり | 23:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
散歩にて
最近再び早朝散歩を再開しました。
平日はゆっくり出来ないので 週末限定ですが。


《ミツマタ》

ミツマタ

ミツマタ


名前の通り 枝が3つに分かれています。



《コブシ》

コブシ

街路樹です。
白い花が明るく、花の後の葉の展開も楽しみ。心地よい日陰を作ってくれることでしょう。




ヒヨドリと桜

朝から鳥の集団の声が・・・
行ってみると20羽ほどのヒヨドリが・・。朝食の時間らしい。

桜の蜜を吸っているのでしょう。
ヒヨドリにむしられた桜がたくさん落ちていました。







桜に飽きたヒヨドリ。
次なるターゲットは レンギョウ。

ヒヨドリとレンギョウ

花の蜜を吸うというのではなく 花をムシャムシャ食べていました。
なかなか豪快!!

しかしこれだけのヒヨドリが朝早くから集まって「ギューーイ!ギャーーー!!・・・」と鳴かれたのでは
近所の方も困っているのでは?と心配に。

今の季節限定と広い心で見守ってくださっているのでしょうか?













| 植物・とり | 10:37 | comments(8) | trackbacks(0) |
センサー
先日 公園に遊びに行きました。
落葉樹の中からかわいい小鳥の声がしてきます。

ジーーーーーーッと見ると
いた、いた。

《ヤマガラ》
ヤマガラ

近くにはシジュウカラの姿もありました。
人に慣れているのか 警戒心がないのか 近づいても逃げません。

どんぐりを見つけては 木の枝に行き足で挟んで嘴でつついて割る。
そして中の実を食べる。
シジュウカラのしぐさに似ていました。


ちょっと気になったのが ・・・・うしろ姿。



黒い頭は まあいいとして・・・
後頭部のこの白いライン。
逆モヒカン!???そんなことを考えたら この白いラインが気になって仕方ないの。
後姿をよーく見たくて しばらく林の中でうずくまっていた私。
                        ・・・・ちょっと不審な中年女性でした。


公園の芝生広場では 大きな体なのに駆け足の速い鳥を発見!!

《ツグミ》  
越冬中殆ど鳴かない。口をつぐむにの意で「ツグミ」

ツグミ

冬鳥。北東アジアに分布。
夏、シベリア、カムチャツカなどで繁殖。
秋から冬にかけて群れで日本、中国の一部に渡来。
分散して越冬後、晩春に群れを成して北方に旅立ちます。

木の枝か電線で ジッとしている姿か 
公園や空き地で 地面をつつきながら駆け足しているのを見ます。

近付こうとするとタタタタタタタタッタタタタタタタタ・・・・
速い!!
自分は鳥だということを忘れているようです。

なかなか近づけず、小さな写真になってしまいました。



木の上に止まると 安心なのか 少し近付くことができました。
が、動きません。・・・・もしかして高いところが苦手なの?
まさかぁ、そんなことはないはず。
暖かくなったら遠く北に旅立つんですから。
いまたくさん 食べて体力付けてください。


通りすがりにみつけたもの・・・

《ウグイスカグラ》

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ?

スイカズラ科スイカズラ属
漢字で書くと『鶯神楽』
ウグイスが花や実をついばむ姿が神楽を踊っているように見えることから付いた名前だとか。
名前の由来はいくつかありますが、
これが一番好きな説明でした。  ・・・独断と偏見で採用!

雑木の中に2センチほどの濃い桃色の花を見つけました。
まだ葉が展開しておらず、蕾も固いのが殆どでした。
もう少し暖かくなると 雑木の中でも見つけやすくなるでしょう。


鳥達の声や雑木の中に咲く小さな花を見つける 楽しさ。
何気なく歩いていても 自分が吸い寄せられるように発見。
実は 私が探しだしたのではなく、私は受身の方だったのでは?
と思うこともあります。
さぁ 今日もセンサーになろう。










| 植物・とり | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
茜色に染めて
近頃 お天気が良くて青空が綺麗です。
空が高い!!

夕暮れ時は スミレ色 桃色 茜色と刻一刻 表情を変えていきます。
空の色、大地の色。
ひとつになって七変化。



そろそろ 茜色になろうという時 息子達と散歩に行きました。
いつもの緑道コースに向かう途中、
次男が 今来た道を引き返し 「これ〜!」ともってきたのが
これ!

もみの木?

もみの木の枝先だと思うのですが、
「『ヒト』に見えるでしょ♪」
嬉しそうに拾って来ました。
          ・・・・おぉぉぉ!これは、まさににヒトではないか!(笑)
その後 ぽいっ!と捨てられずしばらく持ち歩き 
自動販売機の前に立たせていました。
「ジュース買いに来た人が びっくりするかなぁ」



緑道

緑道についた頃は もう何もかもが 茜色に染まっていました。
風に揺れるススキも 木の葉も 息子達の顔も・・・・。

風にのって さわやかな優しい香りが、していました。
香りの元を探すと

ヒイラギ

ヒイラギの花が咲いています。(モクセイ科モクセイ属)
キンモクセイの花に似た白い花です。
香りはキンモクセイより 甘く優しい感じでした。

子供の頃 誰に教えてもらったのか忘れましたが、
「ヒイラギのように 人間はなるといい。
 ヒイラギのような 人間になりなさい」
と言われました。

ヒイラギは、幼木の低い木の時は、葉にトゲを持ち
動物などに食べられないように 自分を守るそうです。
老木になり 高い木になるころトゲは次第になくなり
丸みのある葉に変わっていきます。

若い頃は とげとげしさがあっても 年齢を重ねると共に
穏やかな人、まあるい人間になっていきなさいという事だと思います。



調整池では 冬鳥の《ハシビロガモ》が 仲間入りしていました。
              ・・・・遠いところご苦労様でした。

ハシビロガモ オス

スコップのように広がったくちばしが特徴。
名前の由来も このくちばしから。

このハシビロガモ、忙しなく群れになってグルグル回りながら泳ぎます。
なかなかピントが合いません。悲しい
ただ 回っているのではないそうです。

輪を描くように泳ぐことで 渦を作り中央にプランクトンや藻を
集めて食べるのだそうです。
頭いいー!!

自然の中で生きていくものたちの 知恵や習性 本能・・・には
驚きと納得させられっぱなしです。



夕焼けの綺麗な日の 次の日は晴れるといいます。
この散歩の日の次の日の朝

とても空気が綺麗な朝になりました。
澄み切った冷たい空気が気持ちよかったです。

富士山

真っ白に雪化粧した 富士山がしっかり見えました。
今日も いい一日になりますように。
なぜか 富士山に願い事してしまいます。
           ・・・富士山周辺には確かに神社は多いですが、、、。
自分でも分からない 行動です(笑)













| 植物・とり | 23:49 | comments(6) | trackbacks(0) |
中継地点
家の周辺の住宅街にも野鳥は やってきます。
スズメ、セキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ  etc・・・

冬の餌の少ない時期には、よく姿を見せますが、
春になり虫や植物が豊富になると 遠くで声がするくらい。  ・・ちょっと寂しい。

また 秋になると ちょこちょこ姿を見せてくれるようになります。
少しずつ野鳥の声が、近付いてきます。

今年も野鳥が 時々やってき始めました。
が、ここ最近 見かけません。 えーっ!!どうしたの?
もしかしたら・・・?

家のすぐそばの スーパーが、一週間ほど前から外壁の塗装工事を始めました。
外壁の周りには、ぐるりと足場が組まれています。

野鳥達は まずスーパーの屋上に止まり 隣のうちの庭を中継して
我が家に来ていたのです。  ・・・いつも同じルートです。
その中継地点になっていたスーパーが工事のため 近づけず
庭にも来れないのでは??

なんだか寂しいです。

そんなことを考えながら 落ち葉の掃除をしていて気付きました。

オリーブ

《オリーブ》
実がいつの間にかいい色になっていました。
が、がぁぁぁん!!

もともと 実の数は少なかったんです。が、
残っているのは4つだけ!
他のは、落ちてしまったのでしょうか? ・・落ちた実も見当たりませんが、、、。

塩漬けにできる?どうする???
今年は、鑑賞するとしましょう。


野鳥達も新しい中継地点を見つけて また ウチの庭に遊びに来て欲しい。
広い空を自由に飛べる鳥は、自由気ままに飛んでいるのではなくて 
大きな空に 彼らなりの航路が あるんじゃないか。

命を大切に守る 知恵のような気がする。







| 植物・とり | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
緑道コース♪
秋めいて来ました。
涼しいというより、寒い!!

いつもの公園まで散歩に出掛けました。
でも 今日は、緑道コース です。

散歩



尾根の道なので 眼下には住宅街が広がります。
いつもの風景が違って見えて新鮮です。

冬には、野鳥の観察もできます。
緑道の脇には獣道も・・・。  会えないかなぁ、タヌキとか、、。



《クサギ》
夏だとチョウ達が、よく集まってきます。
今日は寒すぎ!蝶の姿も見えません。
果実もきれいです。
もう少ししたら 真っ赤ながく片と青い実が、見られるかな〜♪


公園の池には 今日もカメラを持ったおじさん集団。
もう すっかり顔見知り。
カワセミのシャッターチャンスを狙っているところでした。

私達も邪魔にならないよう 隅っこでカワセミの観察しました。
長男が、写真を撮ってみたいと・・・。
まぁ 頑張って!!
粘って、ねばって、粘って・・ワセミが、魚をGetした瞬間を撮りました。



少々 ピンボケだけど よく撮れたんじゃないかなぁ。 ・・褒めてつかわす。

おじさんたちも「こっちが いいよ。」 「もっと 近くにおいで。」と
親切に声をかけてくださいました。

ありがたいですね。





| 植物・とり | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
小雨の中・・・。
朝から 降ったりやんだりの小雨。
昼過ぎに 散歩に出掛けました。

傘を差しての散歩も なかなかいいモンです。

紫色がより濃くなった《ムラサキシキブ》
丸々とした実が 雨に濡れてます。

ムラサキシキブ  

ふと見るとミノムシがいました。
なかなかの大きさです。


アメリカセンダングサ

《アメリカセンダングサ》
筒状花のまわりの舌状花は小さく「花びらがない」ウィンターコスモスという感じ。
秋が進んでくると 実ができ、服にくっつく。
ほんと 取るのがいやになっちゃう あれ!


そして いつもの公園に来ました。
カモたちの集まる池のある公園です。

今日は、おじさんたちが、大勢集まっています。
さらに みなさん 大きな大きなカメラ(レンズ)を構えていらっしゃる。
              ・・・静かに 静かに!足音にも気を付けて。

「カワセミが いるんだよ」
教えてくださった ご夫婦。
わざわざ カメラの液晶モニターに写して 見せてくださいました。

私も小さいカメラで パチリッ。
う〜ん・・・ 小さすぎ!!!
これでも精一杯 頑張ったのですが・・・。

カワセミ

どこに《カワセミ》がいるか わかりますか?

今日も いい出会いがありました。


  

| 植物・とり | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER