毎日ちょっと喜びがあると幸せ。
小さな幸せ見つけていけるとうれしい。
あまがえる
ものすごく久しぶりに更新しています。  
ずいぶんサボってしまったものです。

季節が移り替わっていくことに鈍感になっていました。
気が付けば木々が芽吹き 野に花が咲き 風があたたかい・・。いいなぁ、やっぱり。

先日、ハンギングの植木鉢に発見!!
IMG_1328.JPG

アマガエル!!
葉っぱの隙間から顔を出して日向ぼっこ。
どこから来たの?・・・・・あぁぁっ!!!もしかしたら!?

話せば長い話になるのですけれど…
去年の6月。
次男が隣町の田んぼから連れ帰った生き物。
ここから1年後のアマガエルにつながっていくのです。
IMG_8473.JPG

ホウネンエビ。
生態は面白く短い命のリレーの逞しさに感動します。

数匹のホウネンエビを捕まえてきていたのですが、一緒にボウフラも・・これは困る!
網ですくいとってみたもののすべては難しく、メダカを入れて捕食してもらうことにしました。
作戦は成功・・・ボウフラはあっという間にいなくなりました、が、
数日すると ホウネンエビの姿が次第に減り始め、形跡すらなくなってしまいました。
そうです。メダカがボウフラもホウネンエビも食べてしまったのです。

仕方なく3匹のメダカを飼うことになりました。
その数日後、水槽の中に黒い点。動いてます。

やがて、黒い点は
IMG_7338.JPG

立派なオタマジャクシに育ちました。
そしてメダカはオタマジャクシに・・・。食物連鎖 (T_T)
すくすく育って
IMG_8621.JPG
かわいいカエルになりました。
200mほどのところに水田はあるけれど、移動できるかしら?などと心配してみたけれど
いつの間にかどこかに行ってしまいました。

そして1年。
植木鉢のカエルはこのカエルに間違いない。
IMG_1595.JPG
植木鉢の住人としてそっと暮らしていました。

なんとも愛おしい・・。

植木鉢に水飲み場の小鉢を置きました。

 

| 自然 | 13:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
初冬の景色
JUGEMテーマ:季節の出来事


隣町の公園に出かけました。
駐車場脇に看板がありました。

   《ここは山道です》

IMG_6030.JPG

見たまんまじゃん!! ということで、登ってみました。
クヌギや桜、アラカシ、イヌシデの葉っぱがふっかふっかに積もっています。

こんなところに来たら・・・やることは決まっています♪


IMG_6016.JPG

集めて。

IMG_6019.JPG

IMG_6022.JPG

雪合戦ならぬ 『落ち葉合戦』

落ち葉だらけになって、汗だくになって・・・いっぱい笑って。 


IMG_6028.JPG

なんだか面白いなぁって。
松葉の落ちてくる角度や方向、そして偶然が重なってこうなったと思うと「すごっ!」。
よく見たら、あっちにもこっちにも。 ありゃ!?

IMG_6033.JPG

ススキの穂もふわふわになり、葉っぱも枯れ始めました。

秋から冬への移り変わりは早くて「あっ!」という間。
寒さは一晩で降りて来る。


 *********** お ま け ************

四国の母から「なまもの」と書かれた小ぶりの箱の小包が届きました。
開けて・・・・・・????? 固まる主人。

入っていたのは これ↓↓↓

IMG_5992.JPG

2〜4cmの実。
縞模様はカラスウリとそっくりです。
葉っぱは、掌状に深く5裂。カラスウリの葉とは違います。

母曰く、「スズメノマクラ」って言うのよ♪
いや、「スズメノマクラ」は「スズメノテッポウ」の別名じゃないの??

実を切ってみました。

IMG_5993.JPG

まだ熟れていない実は、ウリのような甘くないメロンのような匂いがしました。

IMG_5998.JPG
                  余談ですが、私の生命線って異常に短いんです。大丈夫かしら?私。

種を取り出しました。
丸い種です。
まだ若い実の種は指で簡単に潰れます。

ここからは想像ですが、これから熟していくと種も大きくなり今より平べったくなっていくのではないでしょうか?
そうすると、カラスウリの種とは形が違ってきます。

葉っぱの形だけから検索すると『モミジカラスウリ』(近畿以西、四国、九州に分布)
でも、実の白い縦じまがこの検索結果を否定するんです。
巻きヒゲは2分枝。


悩ましい「なまもの」の正体は????


| 自然 | 23:25 | comments(10) | trackbacks(0) |
ウォーキング大会
昨日、恒例となってきました
町内会主催の《ウォーキング大会》がありました。

街を歩きながら、町内会長さんたちの解説を聞き町の歴史なども学びます。

少々、会長さんのお話が長くて(楽しいお話なんですけれど)
時間が無くて予定の行程をショートカット。
ちょっと歩き足りなかったかなぁ・・・。


IMG_5775.JPG

神社の境内にひっそりと・・・・
なんだか目が離せない。
これはなんだろう?


IMG_5824.JPG

桜並木の下は、赤に染まり、、、


IMG_5825.JPG

イチョウの下は、黄色に。
葉っぱが重いのでしょうか?
バサッ、パサッ。落ちてくる葉っぱの音が桜のそれとは違います。


IMG_5796.JPG

大きなドウダンツツジのそばに子どもが、ウロウロ。。
なにしているんだろう?
と、思った瞬間!!!



IMG_5797.JPG

顔をツッコミました。
なにがしたいんだ!??
しばらくジッとしていました。

なにをしてたんだろう・・・・・?


IMG_5827.JPG

寒桜
みんなが、カメラやケイタイでパシャリッ!
なんだか儚げで可憐な花でした。


IMG_5831.JPG

クチナシ (アカネ科)
果実は熟しても口を開けないことから命名されました。
実を乾燥させて黄色色素を取ります。
栗きんとんの色付けなどに使われています。

果実の先端に萼片の名残りが6本の針状に付きます。
果実の側面のはっきりした稜があり、この不思議な形となる。

口を開けないと知ると、益々その中を見てみたい・・・・・



町内を彩る木々、草、花。
たくさん見つけました。
ここに住む人との交流も街を彩る要素のひとつなんだなぁ。


| 自然 | 00:01 | comments(8) | trackbacks(0) |
ぶらリっと出かけてみました。
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


ぶらぶらとお気に入りの公園を散歩。
広い公園だけれど、ほとんどの場所を行きつくしたと思っていたら
あらら・・・こんな場所もあるのね。
地図を見て知りました。


IMG_4975.JPG

大きな池です。
あの もしゃもしゃは一体・・・??


IMG_4974.JPG

ガマ (ガマ科 ガマ属)
ふわっふわっの綿毛。
風が吹くとぼわーっと飛んでいます。

ゆっくりスローモーションのように見えました。
他に動くものが私くらい、聞こえてくるのは遠くからの鳥の声。


ここから木道を歩き、林の中に行きました。


IMG_4997.JPG

あなたはだぁれ?
通せんぼですか?



小さなギンバエまで、真似して通せんぼ?
いや、前肢をすり合わせて おねだりですか? 何をねだられているのやら???

木道に這いつくばって写真を撮っていたら、
優雅に人を恐れる様子もなく横切る影・・・


IMG_5007.JPG

オオアオイトトンボ かな?
メタリックな体は自然の中に溶け込むように 違和感がない。
不思議〜。

ここは虫たちの楽園なのかも知れない。


行きたかった場所。

IMG_5069.JPG

ススキの原っぱ。
風がススキの頭を撫でながら駆けていく様子が
ススキの‘うねり’となって見えます。

このススキの足元に咲くのが

IMG_5062.JPG

ナンバンギセル (ハマウツボ科 ナンバンギセル属)
ススキ、ミョウガ、ギボウシなどに寄生する
寄生植物



小さな花。
カメラを構える私は、まさに潰された、カエル・・・・
花の中を覗いて、様子を撮りたかったのに・・・ああ、、残念。


そうそうこの「ススキの原」で、カメラを覗きながら「いい場所はないかなぁ」ってウロウロ。
後歩きをしていたら、
どっでーん!
小さな穴に足をとられ、シリモチ、後回り。
もちろんカメラは放しませんでした。

| 自然 | 01:17 | comments(6) | trackbacks(0) |
透きとおる
先日、近くの公園に遊びに行きました。
自然林の残る公園です。

山の地形がそのまま公園になっていて、頂上付近にサッカーや野球の出来るグランドもあります。


コマユミ


まだ 緑の木々のなかに、色づき始めたカツラやモミジ、イチョウ・・・・
冷たい空気の中で木々の息遣いさえ聞こえてきそう。
コマユミの赤い実が目を引きます。


晩秋


ススキの穂がほわほわ・・・
強い風が吹いたら ぼわぁってとんで行きそう。
低い位置から差す 陽光に照らされて光って見えます。


ニシキカズラ


暗い森の中で そこだけ明るくなって見えるのは ニシキカズラの葉。
私の好きな葉。


太陽も色づき始めた頃、竹林の方から軽やかなメロディー♪
鳥のさえずりに答えるように・・・
葉のざわめきのように・・・

澄みわたる空気の中で・・・


一人の男性がリコーダーの練習をしていました。
あまりに素敵だったので 歩く速度を落としつつ (立ち止まるのは邪魔をしてしまいそうな気がして・・)
森に響く音色に耳を傾けました。

偶然の素敵な出会いでした。ちょっと得した気分。^^



散策路に落ちていた ホウノキの葉。
大きな葉に 大喜びの娘。

おばけだぞぉー!



ほんの僅かな時間でしたが、体を動かし笑い
冷たい透きとおった空気を胸いっぱいに深呼吸してきました。


富士の姿



夕焼けを背負った富士山の姿。
様々な表情を見せてくれます。















| 自然 | 19:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
変化!!
もうすぐ梅雨も終わりかな、と思わせる
青空が数日続いています。

庭のアジサイが 日々様子を変えています。



うつろふ色



雨の中で凛とした‘青’もいいけれど、
夏の太陽に照らされたこういう 微妙な色も素敵。

色の変化・・・
姿の変化・・・


うつろいゆくアジサイに 季節の移り変わりを感じつつ。



春に咲いた花がしばらくお休みしていた
ミニバラの《グリーンアイス》
再び花を咲かせ始めました。


変幻


春に咲いたときに比べて 色の変化がはっきりしているような気がします。
ほんのり桃色 薄っすら緑色・・・
どの姿も綺麗で、楽しませてくれます。



話は変わって・・・。

昨日、近所のおじさんからバーベキューのお誘いを受け行ってきました。

夕方から始まり、近所の方やおじさんの仕事仲間、テニス仲間など
初めてお会いする方もいらしたのですが、楽しい時間を過ごさせて頂きました。


おじさんのおうちに ツバメの巣を見つけました。
以前からそのツバメの巣のことで おじさんにお聞きしたいことが・・・。

ところが、
「えっ!ツバメの巣!? ある?? どうりで窓がよく汚れると思ってたよ。」
と、ツバメの巣のことはご存知無かった様子。


このツバメの巣・・・。
すごいんです。 おもしろいんです。 



巣 on トリミングしています




ツバメの巣は 蜂の巣の上に作られているんです。
いや、蜂の巣がツバメの巣の下に作られたのか・・・・定かではありませんが。



自然の中で生きていく苦肉の策なのか、知恵なのか・・・。
いずれにしても逞しい!!




















| 自然 | 19:23 | comments(8) | trackbacks(0) |
気をつけよう!
今年の4月にお花見をした原生林の公園に行ってみました。


公園の駐車場脇の田んぼでは田植えの準備がされていました。
もう そんな季節なのですね。


もうすぐ田植え


公園に入ってすぐに調整池があります。


4月にきた時には工事中。重機や作業関係者が池に入っていました。
ここに住んでいた生き物が心配・・・・

2009,4,4 調整池の改良工事


その調整池も今では・・・

2009.5.22改良工事後の調整池

綺麗になっています。
ただ 以前のようにヤゴやザリガニの姿が見当たりません。

やっぱりダメージがあったのかぁ。


しばらくみていると トンボが何匹か水面ぎりぎりのところを飛んでいました。



なんというトンボでしょうか?
オニヤンマかなと思ったのですが、よく見ると腹部の模様がはっきりしないので違うのかな?
オオヤマトンボ??

このほかに シオカラトンボも。 (こちらはよく見ることもあり 分かりやすい)


ウシガエルの声もします。
ホントに牛がいるのかと思うような低音の「んっもう〜〜!」と大きく響く声。
姿が見えなかったのが残念です。



調整池の葦の間から・・・・

ヤマカガシ

《ヤマカガシ》が顔を出しにゅるり、にゅるりこちらにやってきました。
猛毒の持ち主です。

私と3メートルほどのところまで近付いてUターンして行きました。
好物のカエルもいなくて まずそうなおばさんだったから?

アオダイショウの子供にも会いましたが、カメラを構えた時には藪の中に入ってしまいました。
怖そうなおばさんに見えたのでしょうか?


この日、怖かったのは蛇ではなくて蜂。
車でここに向かう途中、信号で止まっているとやたらと虫が多く飛んでいました。
車にぶつかるものも・・・。
なんだろうと思いつつ横を見ると道路脇の木に蜂が無数塊になって飛び交っていました。

窓を全開にして「春のかーぜは運んでくーるよ、るるるーる、るーるーるぅ」などと鼻歌を歌っている
場合じゃなかった!!
フロントガラスにも車のボディにもバシバシ、アタック!!
急いで窓を閉め 信号が青に変わったので急いでGO!! 逃げました。^^;

蜂って黒い色を襲うのだと聞いたことがあります。
車は『白』です。 なのに 襲われました。どういうこと!??



これから虫や動物も活発に活動する季節になります。
山歩きも気をつけねば・・・。





















| 自然 | 23:43 | comments(6) | trackbacks(0) |
空のいろ
娘の習い事の帰り道、西の空一面が金色に光って見えました。

急いで帰り、カメラを持って走った先は、
近所のスパーの屋上。  ・・・・結構 怪しい女になってました。
この場所 電線が写り込まないのでGoodです。

西の空

さっきまで見ていた空とちがう・・・
こんなに 雲は無かったのに。

厚い雲の向こう側に 金色に光る空が ありました。

今日の空は 今日しか見えない。
今の空は 今だけのもの。


帰ろうと振り返り、東の空を見ると、、、

東の空

青い空が置き去りにされ、白い雲が桜色に染まっていました。

どんどん流れる雲。
桜色は 吸い込まれるように 消えていきます。



私の上に広がる 大きな空。
同じものは無く、見上げる場所で表情を変える。

今日だけ、今だけ・・・
たった一つの 現在

この一瞬に私は何をしているのか。
この瞬間に私は何を感じたか。

急ぐことはない
慌てなくていい

今を見つめよう


そして

自分を失うな








| 自然 | 12:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
凍結・・
春一番が過ぎた後、各地で記録的な暖かな日があったと思ったとたん
また 寒さが戻ってきました。

先週は 北日本や日本海側が 暴風雪で大変だったとか・・・。
ニュースや天気予報でしか知ることはできませんが、
嵐のような天気だったと聞きました。

大丈夫ですか?


今日の天気予報で 関東地方はしばらく 雨マークDocomo3
おまけに すごく寒い!!

「雨が降るたび 暖かくなっていくでしょう。」
「その言葉信じますよ。」とテレビの中のおじさんに つい、つっこみ!!
    ・・・テレビに話しかけるようになってしまった←自己嫌悪!!


霜柱

これは1月の霜柱。
4cmくらいに伸びていました。
手に取るとしっかりと 凍っているのが分かります。
地面からこんな風に 水分が持ち上がってくるなんて おもしろいです。

霜柱 ぐねぐね

中には へそ曲がりなのもあって、グネグネ。
何で こんなになるのでしょう?

2月に入り 寒いですが、霜柱がここまでになっているのは
あまり見なくなってしまいました。


しかし まだまだ寒いです。


氷中花

娘の遊んだまま 庭に放置された花瓶に氷が張りました。
花瓶の中の紫の玉は、《ノシラン》の実です。
全面凍結の状態でしたが 太陽が昇るとどんどん解けていきました。
お日様のパワーのすごさを 感じます。




こちらも 娘のほったらかしのおもちゃにできた氷。
氷の中に閉じ込められた 空気の粒が 
お日様に照らされて いろんな方向に光を放ちます。

だんだん解けていくにつれ 閉じ込められた空気が開放されます。
氷は 水にへと姿を変えながら・・・。





| 自然 | 01:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
雪景色・・・北陸にて
主人の実家で過ごしたお正月
年末年始 ずっと雪か雨が降っていました。
ですが、例年に比べて雪の量は少ないです。

元旦の初詣も雪が少なくて 「歩きやすい」、「渋滞が無い」
でもなんだか 物足りないなぁ。  ・・・私もここの嫁になったなぁ・・なんてね。

初詣

ツララも迫力がありません。
いつもなら赤ちゃんのの腕ほどのツララなのに 鉛筆くらいの太さです。

ツララ

ツララ

ツララができた後一旦解け始め、再凍結したのでしょう。
変な方向に伸びてます。



あまりに天気がパッとしないので 温泉に行きました。

《宇奈月温泉》

            *駅前の噴水は 温泉です。


といっても 足だけ。  足湯です。



地域の寄り合いに行った義父を残して、義母を誘っていってきました。
足先が冷えていると 熱湯のように感じて「きゃーぎゃー!!」
慣れると出たくないほど ここちよいのです。
「裸の付き合い」ならぬ「裸足の付き合い」です。




帰京の日の朝

朝焼け

立山連峰に朝日が差しています。
朝の光です。
闇が少しずつ吸い取られていく・・・
光が上から下へと移動して いつの間にかすべての場所の闇がなくなっていく
朝の光は すべてのものに平等に注がれます。
すべてのものに同じ朝が訪れるように・・。






| 自然 | 23:43 | comments(6) | trackbacks(1) |

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER