毎日ちょっと喜びがあると幸せ。
小さな幸せ見つけていけるとうれしい。
夏休みの宿題
夏休みも残すところ あと2週間
子供たちの宿題も仕上げです。

娘の宿題に「虫の観察」がありました。
暑いし、‘虫’だし・・・・ 付き合いたくないし・・。
母・・お手軽に庭にわんさかいる「ダンゴムシ」はどう?
娘・・足を描くのが面倒!
母・・じゃぁ、庭で這いまわっている「オサムシ」もなかなか魅力的よ。
娘・・みんなカブトムシやバッタとかだもん。
   (オサムシなんて)そんな変わった虫やらないもん・・・。 ←拒否かよ。

そんなこんなで、月日は経ち今に至りました。 

悩んだ割には平凡に「トンボの観察」になりました。

シオカラトンボ.JPG

近くの田んぼに出かけてみるも、立ち入ることはできず。
森林公園のトンボ池に出かけました。  この暑い中・・・・(-_-;)

トンボトリオ.JPG

奥にシオカラトンボ、ナツアカネ、コシアキトンボ。

原生林の残る山の中に作られたトンボ池は静かで、まさにトンボの楽園。
写真に残せませんでしたが、オニヤンマやイトトンボ、ハグロトンボなども飛んでいました。

メカニック.JPG

一番多くいた「シオカラトンボ」を観察。
虫捕り網で捕まえては、観察。トンボが弱らないよう逃がす。
また捕まえては観察、逃がして捕まえる。

何度繰り返したでしょう。 汗びっしょり・・・。つかれたー!!

君はイケメンだねぇ。.JPG

トンボの体がロボットか何か、芸術作品のように見えてきて
「命あるもの」としてどう説明したらいいのだろう?何を悩んでるんだか、私。

トンボ池までの山道も楽しかったが、とにかく暑かった・・・。
娘と二人、汗のシャワーを浴びたようになって帰ってきました。 ほんと疲れたぁぁー。

   
          ****** お ま け *******


夏休みの宿題といえば、自由研究。
一番大変だけど、楽しい宿題です。

子供たちの自由研究を提出前に一挙公開です。(そんなたいそうなもんでもないけれど・・・)

   *** 娘 ***

IMG_0722.JPGIMG_0723.JPG

一学期にカイコを育てるために桑の葉を集めました。
その『クワから紙を漉いてみよう』と樹皮をはぎ、煮て、叩いて繊維をつぶし、漉きました。
漉き枠も娘が作りました。


   *** 長男 ***

鉱石ラジオ.JPG

『鉱石ラジオ』
鉱石(黄鉄鉱)を検波器として使っています。
この黄鉄鉱は長男が廃鉱となった鉱山に行って探してきました。
直径2,3mmの小さな黄鉄鉱、よく見つけたもんです。

あっ、音は小さいですけれど 一応聞けました。


    *** 次男 ***

霧箱.JPG

『霧箱』
蒸気の凝結作用を用いて荷電粒子の飛跡を検出するための装置
マントル(ガスランタンに使われる合成繊維 トリウムが沁み込まされています)
を利用して、放射線(α線)を検出します。

無水エタノールを沁み込ませて、密閉。
ドライアイスで容器の底を冷却すると間もなく 微細な水滴(霧)となって軌跡が見えました。



この実験の後、霧箱内にマントルを入れずに再度実験。
さらに長い軌跡を検出。これは「宇宙線」???
目に見えないものをこうして可視化することの愉しさと怖さと・・・。


| 子育て | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
俺の居場所
昨日の晴れは何処に行ったのか・・・・
また雨が降っています。 秋の長雨。


昨夜、更新記事を書こうかとPCに向っていると
もう寝たかと思った次男が
「この問題どうしても分からないんだよね。」

数学のプリントを持ってきました。   ・・・えーっ11時回ってるのに頭使わせないでよぉ。
4問のうち3問は解いていましたが、
あと一問、何度も書いて消したあと。  ・・・頑張ったんだ。

一次方程式の文章題です。       ・・・どうら、ちょっとかっこいいところ見せておこう。
「かしてみ!」            ・・・いや、できるのか私?
「こんなもん、図をかいてみるのさ。」 ・・・本当にできるのか?私。ドキドキ

不安をかかえつつ、ありゃっ。なんか解けちゃった!!  ・・・やっほー!!らっきー!

ヒントを与えつつ次男も自分で解きました。
「早く寝なさいよ。」
「でもさぁ、これ、裏側もあるんだよね。」  ・・・ええーっ!

そんなこんなで、日付が変わってしまいました。
もう、眠くて。zzz・・・・   


仕切りなおして、本日更新です。


夏休みの理科工作以来、工作に夢中の長男。


IMG_4248.JPG



「暑い日にどうぞ♪」と、これ↓

IMG_4237.JPG

扇風機。
なんだか、すぐ壊れそうな頼りない扇風機です。
でも、一応涼しいんですよ。

「でもさ、モーターに羽つけて回すだけじゃなくて、もう一ひねり欲しいね。」



そして、先日。
「あいつの発明、脱力するよ。」と主人。


IMG_4247.JPG

入り口の壁にある装置が、その作品。「入室感知器」 だそうです。

IMG_4218.JPG

ドアノブにフックの付いた糸。
クリップに紙が挟んであり、

IMG_4246.JPG

ドアを開けると、紙が引っ張られて落ちます。
クリップの先にアルミホイルが巻いてあるので、通電。

ぐるっと、壁に這わせたエナメル線を伝って

IMG_4231.JPG

モーターが回り、クリップを変形させたバチがアルミ板を叩きます。

IMG_4239.JPG

バリバリ バリバリ ばりばり バリバリ・・・@あやの
はぁーふぅぅぅー!   脱力 _| ̄|○


壁に掛けた 四字熟語カレンダー・・・
めくり忘れてるよ。
「前代未聞」だって。意味分かる? あぁぁ・・・何を考えていたんだっけ??



今朝も 「朝だよー。」って部屋を開けて声かけたら
     バリバリ バリバリ・・・    ガックシっ。え?!



*** 追記 ***
  夕ひばりさんのコメントより、《「バリバリ バリバリ」のはどんな音でしょう。》と。
  それでは!!と奮起しまして、動画を載せてみました。

  ちなみに 動画内の声の出演は娘。
  ちょっと小芝居までやってしまいました。
  調子に乗りすぎたかな・・・。



| 子育て | 13:20 | comments(16) | trackbacks(0) |
森林公園で・・・。
ゴールデン・ウィークに突入しました。
今年のお休みはどう過ごそうかと、考えているうちに予定も立たぬまま連休の始まり。

といっても、4/30は学校があり、5/1は私が仕事。
その後4連休には息子たちが「中間テストが近いから勉強したい」
えっ!!!今なんと仰いました?
べ、べ、べ、勉強といわれましたか?
聞き間違いじゃ ないですよね。
と、耳を疑うような嬉しい発言がありました。

それぞれの予定を尊重しながら計画したいと思います。


昨日29日は、次男は友達と『スカイツリー、浅草めぐり』に出かけ
 (最近、行動範囲が広がってきました)
残された長男、娘を誘って 森林公園にいってきました。




風の強い日でしたが、お日様も暖かくって気持ちいい。
若い緑がみずみずしくって・・・。
カツラの丸い葉が光を透かしてとってもきれいでした。


木道から山道に入って更に登っていくと
運動広場があります。
ここで、パワー発散。




まずはターザンロープ。
あまり傾斜がないので、互いに押して動かそうと・・・・
小学2年の娘には中学の兄は重くて、たいしてスピードが出ません。
反対に息子が娘を押すと・・・・・


きゃぁぁぁぁー!

こりゃぁ、やりすぎでしょう。
娘、半べそかいてました。


が、ここでくじけない!
反撃にでました。


怖いといって!!

ぶら下がったボールに乗って、ブランコのように・・・。
娘は必死に揺らすのですが、全く怖がってくれません。
反撃失敗。


何だかもやもや・・・・の娘。
発散するには体を動かすのが一番。


まわる、まわる、まわる


で、なんで側転になるのやら??
とりあえず、機嫌は直りました。


息子と娘は5歳の年齢差。
一緒に遊ばせることが難しくなってきました。
私も息子たちが小学低学年の頃のように一緒になって遊ぶのが体力的につらくて・・・。

なるようになっていくんでしょうけれど
ちょっと 考えてしまいます。



帰り道。
竹林で今が旬の・・・そう 筍を発見。



あちこちに、ぽこ ぽこ ぽこ

娘、触ってみました。
「タヌキの背中みたい!!」
 
ン!?タヌキの背中触ったことあるんかい???? 母さんはない!








続きを読む >>
| 子育て | 23:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
自由な研究
あれよあれよという間に 半年が過ぎました。
気が付けば7月なんですよね。

もう すぐ夏休みになります。
毎年この時期になると子供達が気になるのは
夏休みの計画。

「何処に行こうか」や「何がしたいか」など・・・。

なかでも 「自由研究」については真剣です。

去年の川の上流探検は大変だったなぁ・・・。
(ついていった娘が熱中症になったり、道幅が狭くて怖かった)
友達と合同自由研究は 友情の勉強になったよね。



さて今年は何をするのやら・・・。



夏休みに関わらず、子供って遊びの中で
ちょっとした研究(?)みたいなことしてる時があります。
息子達はよく
「訳の分からない研究」=「自由な研究」をしています。




先日の夜も 台所で2人でゴソゴソ・・・・


『発芽実験』だそうです。



その1

ニョキ ニョキ


《人参発芽実験》

これはよくやります。
人参の葉が大きくなると綺麗なんですよね。


が、ちょっとケチっぽくないかしら?
人参の赤いところが やたらと薄いんですけど・・・。
大きくなるかしら?



その2

どうかなぁ・・・


《ニンニク》

こらはどうなの???
もう 乾燥しきってますが・・・。
それも使いかけの ひとかけ。
どうなのかなぁ・・・???



その3

これ!!????


こ、こ、こ、これっっ!!

え``ーーーーー!!!

んんーと これは 確か 「ト・マ・ト」って言うんだよね。


えっと・・発芽実験だよね!???
発芽って何処からするんだっけ??

トマトの何が見たいのかな???
で、どうなると思ってるのかな???


    ・・・・・・・・ふぅぅっ!気を取り直して・・。

さぁ、息子達よ、納得するまで観察するがよい。




息子達よ。
大きくなれよ。

君達の好奇心は褒めておくよ。



くだらないと思ったことでも一応やらせてみようと・・・・
結果が分かてても 自分の目で確かめさせてみようと・・・

母は寛大になりました。(自分で言うのもなんですが・・。)



息子達の「発芽実験」を見守ろうと思います。 
      (一部 腐敗実験のような流れもありますが・・・)



















| 子育て | 14:32 | comments(6) | trackbacks(0) |
親のこころ・子のこころ
春休みに息子達の2人で江ノ島に行き、
ゴールデンウィークには 主人と電車で鎌倉に行き・・・・

電車の旅の面白さに目覚めた2人です。


昨夜 息子たちが「また電車の旅をしてみたい」と話していました。
「今度はローカルなところで 単線の電車に乗りたい。」
「一両だけでワンマンとかってヤツに乗りたいよね。」

そりゃ、何処に行けばいいんだ!?

しばらくして遠慮がちに
「もし次に行く時に僕らだけじゃないなら、お父さんじゃなくてお母さんといきたい。」

おぉー、なんで?

2人で意味深な顔をして 見合わせてから遠慮がちに
「だってさ、お父さん一々うるさいんだもん。」
「そうそう、離れるなとか、車が危ないとか、前を見ろ、だとかね。」

それはダメなの?

「もう僕らは6年だし・・。」
「離れてても歩けるって!」
「見たいから見てるのに 早く来いって言われたら何にも楽しめないんだもん。」

  (あーー!分かる。)

母さんならいいのかい?

「お母さん言わないもんね。」
「結構 僕ら自由にできるから。」

  (やった!そーだろ、そーだろ! うひひひーっ。 母さんの勝利!)

「あっ、この話お父さんにしないでよ。」
「お父さんすねるから。」

   ・・・すねるって。 あははは。 (気を使ってるのね。)



夜 この話を主人にしたら
「あははははははははーーー!えへへへへーー!」  爆笑!

少しは気にしていたらしく、言わないようにしていたらしい。


そして、「あいつらも言っていたぞ。」

何を???

「お母さんならさぁ、ここで立ち止まって写真撮ったりするから進まないよねって。」
「気が付いたら 一人でどこかいっちゃうし。」

    ・・・・・・そのとおり!!!


息子達は究極の二者選択をしたということか。


冷静に親を見る目が育っていてそれはそれで良しとしましょう。
子供が採点する親の成績表がもしあるとしたら、私達は合格点なのかしら?
私と主人でやっと合格かも?と考えて笑ってしまいました。

甘い採点はしてくれそうにないしなぁ。



《甘い》と言えば・・・ (無理矢理)

きゃらめる・キャラメル


先日 何となく作りたくなって・・・・キャラメル。
ベーシックなのとビターなお味。 

鍋ひとつでかき混ぜるだけ。(超私向き♪)

生クリームを多く入れれば《キャラメルクリーム》になり、アイスクリームやパンにも使えそう。
抹茶味、アーモンド入りもいいかも。 目指せ!『花畑牧場 生キャラメル』


子供に厳しい指摘をされたら 甘いキャラメルをなめながら反省もそこそこに
「人生甘くは無いんだぞ。」と心の中で言ってみよう!


















| 子育て | 11:35 | comments(6) | trackbacks(0) |
冒険
土曜日、サッカーの大会で予選突破ならず。
決勝の予定だった日曜日が暇になってしまいました。

ちょっとけだるい日曜日、となりそうな予感。

土曜の夜に「日曜日はどうするの?予定は?」と聞いてみました。

しばらく考えた後 「どこかに冒険に行きたい。」と次男。



春休みにも「冒険に行きたい」「行かせてください」と長男、次男に言われ
「具体的に紙に書いておいで。」といったところ

《計画書》 《請求書》が二人それぞれから出されました。
行き先 江ノ島
目的 ー分で考えて行動できるようになる。
    二人で協力しあうことを学ぶ。 
    6年進級のお祝いとして。 ・・んっ? 

交通手段 最寄駅から乗り継ぎ、江ノ電に乗り江ノ島。

時程 自宅出発、江ノ島到着、江ノ島探索、昼食の予定 帰宅 (予定時間が書かれていました)

請求書には交通費と昼食代(500円)、お土産代、予備費をください。(具体的な金額が書かれていました)

「何書いたらいいか分からない。こんなのでいい?」

んーちょっと笑えるんだけど。
自分達が遊んだりするお金は?
「行って探検が目的だからお金はいらない。」

昼食代が足りないと思うんだけど どうするつもり? 
「レストランは高いからコンビにでお弁当を買って海でたべる」

まだまだ確認したいことはいっぱいでしたが、江ノ島で一度電話をすること!と約束させ了承しました。
                     ↑公衆電話からです。ケイタイ電話は持っていません。

江ノ島から帰ってきた息子達は満足の表情で少し自信を付けたようでした。

「また 電車でどこかに行ってみたい」
そう言う息子たちが逞しく見えました。



で、日曜日もまたどこかに行くのかしら?

今回は 自転車で出かけるそうです。
面白そうなので私も連れて行ってもらうことにしました。

近くを流れる川沿いに海の方を目指します。





朝5時30分出発。
まだ 朝靄が晴れていません。冷たい空気が気持ちよい朝でした。






お日様の暖かさを感じ始めます。
まだ 人通りも少なく川の流れる音に心が落ち着きます。


じんわりと背中に汗を感じ始めた頃、お腹が空いてきました。
同時に 膝とお尻が悲鳴を上げ始め・・・・リタイヤ宣言したーい!!(この叫びは母だけです)

ここでリタイヤしても帰る手段が無く まだ余力のあるうちに引き返そうということになりました。
が、腹は減る!!!!!力が入らない!!!!!
もう限界!!!

マクドナルドで朝食。朝マックは初めて☆と喜び、感動の息子。
そんなことで感動してくれてありがとう。


お腹を満たし、休憩を取ったら少し元気になり途中の公園で遊ぶ余裕も。(余裕のなかったのは母だけです)

更に 川に下りて・・・






無事に帰ってきました。 (何とか帰れました。母場合)


全行程 約28辧L鵤柑間半。
案外短い! もっと走ったと思ったのになぁ。

距離を計算し終わった息子たちが 
「マラソン選手ってすごいよね。距離もだけど時間も半分ではしるんだよね。」
「そーだ!!すごいよね。」
        

この《冒険》では道に迷うと相談し、気になるものを見つけると確認し、「がんばろう!」と励ましてくれ
息子達の逞しさ、優しさをヒシヒシと感じました。
いつの間にか大きくなっちゃうんだなぁ。
寂しいようで、大きくなってもらわないとと思う親心。・・・複雑です。

こうして母と出かけてくれるのも あと少しの間だけかなぁ。













| 子育て | 00:21 | comments(8) | trackbacks(0) |
卒園
先日 3月18日に娘の卒園式でした。

卒園までの数日の慌しかったこと・・・。
幼稚園は卒園に向けて行事が続き、
学校(PTA)も年度末のため バタバタ・・・苦手な報告書や申し送り資料作っていました。(ToT)
私事でもバタバタ・・・

精根尽き果てパソコンの前で居眠りしてたり。
ブログの更新をサボっていました。  ←言い訳。すみません。


さて 卒園でした。


卒園の日
                      稚園の駐車場から・・・園舎は奥の方になります。

この幼稚園には息子も通い、通算6年お世話になりました。
息子の時からお世話になった先生方もいらして
気楽に楽しく過ごさせて頂きました。

お友達のお母様方とも仲良くさせて頂きました。
年齢の近い方は勿論、私とひとまわり若いママとも仲良しです。
みんなが仲良く、こんな学年はあまりないんじゃないでしょうか?

そんなこともあり 娘の卒園は寂しくて・・・(TOT)
式で歌を歌い始めると 涙も鼻水も・・・
立派に大きくなった姿に ぽろっ
もう来ないのかと ぼろぼろっ


一方娘は いつもよりおしゃれして嬉しくて。
卒園の寂しさより小学校へ入学の喜びの方が大きいようでした。
常に前向きな子です。



桜咲いたら・・・♪

園庭には大きな桜の木が何本かあるのですが、さすがにまだ花は咲いていません。
今年 植えた小さな桜の木が花をいっぱいに咲かせていました。


まだまだこれから大きくなる将来ある桜の木。
子供達の姿と重なります。  

急がなくて いいんだよ。
あの大きな桜を見てごらん。
どっしり根を張り 枝を広げて立っている。

皆に見守られ 愛されて。

やがて花を咲かせるだろう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                       



| 子育て | 00:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
えっ!あと2ヶ月!!
ガーデンシクラメン

《ガーデンシクラメン》
一昨年の秋に購入。
昨年の夏を 見事(?)乗り切り、いま綺麗な花を咲かせてくれました。
元気な葉の下には沢山の蕾が 出番は今か今かとスタンバイしています。




この春 娘は小学校に入学します。
昨日 学校で入学説明会がありました。

学校生活での心構えのようなこととか
通学路のこと
入学前に準備するもの
入学式のこと・・・・

細かく説明がありました。
その中で 「もう 後2ヶ月で入学されます・・・。」
「・・・・えっ!!!あと2ヶ月ーーーー!!!」 当たり前のことなのにすごくびっくり!!
一番前で座っていた私。
あまりにびっくりして 顔を上げたら、説明してた先生のほうが
「何をびっくりした顔してるの!?」と逆びっくり!


ボーっとしているから?暢気だから? 3人目(2回目)だから?
入学式まで 2ヶ月しかないなんて・・。
全然気付いてませんでした。
まだまだ 余裕♪なんて思ってた。

ランドセルだけは注文済み。(まだ 手元には届いてません)
他のものは全く考えもしてなかった。 

体操着、ふでばこ、消しゴム、鉛筆、防災頭巾・・・・
上履き入れ、体操着入れは作らないといけないみたいだし・・
    (市販のものでは掛けておくフックから落ちやすいそうです)

それから、、、
学習机。これはまぁ、入学してからでもいいか!くらいに考えています。
学習机じゃなくて書斎机がいいかな?  ・・・息子達も書斎机です。
子供向けの細かな機能はありませんが シンプルなデザインが気に入っています。
       ↑鞄をかけるフック、細々した仕切りや小物入れ、高さ調節 など

そうそう大事なこと・・
スーツ!!娘のはもちろん、私のも・・・・買ってぇぇぇ!!!!おとうさぁん☆

もう すっかり ずーーーっと先のことと思ってました。
ちょっと 真剣に計画立てて行動しなければ。
反省です。


でも 春休み中にそろえればいいんだよね。  ・・・反省はどうした!?







| 子育て | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
恐怖
子供の頃 夜、トイレに行くのが怖かったです。

トイレの小窓から見える 何本か植えられた梅の木が怖かったのです。
グネグネと伸びた枝が切られ、そこから何本も新しい枝が伸びている。
その姿が 暗闇の中で動き出しそうな気がしていました。

時には、その梅の間からお化けが出てくるのではないかと
真剣に考えていました。

この頃 娘が夜二階に上がるのを「怖い」といいます。
                 
「何かいるかも知れないから・・・」


        この階段の先に 何かいますかぁ?

息子達も幼稚園の頃から 暗がりを怖がります。
何がきっかけになっているのか さっぱりわかりません。

「耳無しほういち」 「トイレの花子さん」 「口裂け女」etc・・
怖い話を聞いてからは さらに恐怖倍増!!  ・・・きゃぁー!!



階段はこの世とあの世を繋いでる・・・


自分の家なのに 何が怖いんでしょう。
お化けなんてあったこともないのに・・。



         廊下を曲がるとそこにはジェイソンがーーーーーきゃぁぁ!!

想像は果てなく広がり 恐怖だけが一人歩き状態です。

夕方あたりが暗くなって 回送中の路線バスと並んで信号で止まりました。
客席には誰も乗っていません。
なので 室内灯は当然消えていました。
運転席だけが ぼんやり明るかったのですが、

そのバスを見た長男
「怖くない?怖いよね。室内灯点ければいいのに」

長男君!
そう言うあなたが乗っているこの車を見てごらん。
後部座席どころか運転席まで真っ暗なのよ。
どっちが怖い?

暗い=怖い 
ではないけれど 暗いイメージが恐怖を煽るのでしょう。


もしかしたら、、、、本当に子供達に何かが見えているのかもよ。なあんてね。










| 子育て | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
骨折
金曜日の夕方。
「ただいまぁ〜・・」
長男が元気なく帰ってきました。
           ・・・・テンション低いなぁ

「これ 痛いんだけど。」
差し出した右手の小指。

ん・・・・!!!!
「すごく腫れてるじゃない!」
小指の中央がボッコリ腫れていました。
突き指したらしいのです。
           ・・・・またぁ。暴れてたんでしょ。
「冷やして シップでも貼っておきなよ。」
           ・・・・いやぁ、それじゃ無理かな?
突き指にしてはひどく腫れ、痛がりました。
嫌な感じです。気になり、病院へ。
       

やっぱり・・・。
『骨折』でした。
骨折といっても大げさなものではなく 一般にいう『ヒビがはいった』状態です。
簡単に ギプスシーネで固定。
一週間後に再診。

長男、なんだか嬉しそう。  ・・・・お気楽なヤツ。
次男、「骨折ー!!」風呂は?サッカーは?体育は?と心配している。
               ・・・・心配症ね。ありがとう。
娘、  ・・・・どうでもいい感じ。 そんなものかも知れません。


長男 骨折

夕食の時、次男が
「○○(長男)てさぁ。めったに怪我しないけど 怪我した時って大きな怪我だよね。」
そうかも!

その1  庭のデッキから転落。
     落ちる際、大きく足を広げたのか足の付け根が裂けてしまい5針縫合。

その2  自転車でジグザグ運転中、つんのめるように転倒。
     前歯3本折れる。(永久歯含む)

どれも命に関わるものではないけれど ちょっとお騒がせな怪我です。
しかも 休日だったり 夕方遅くて病院の診察終了間際だったり。
当の本人は なぜかいつも お気楽モード♪


どうぞ その今手に持ってる『生きる』という詩の本を
じっくり読んで 生きてることに感謝、命の大切さを実感してください。


くどくど言いたいことは山ほどあるけれど
それを言っても まだ分からないだろうし。
自分で気付いてくれる日が来ると 願うばかりです。






| 子育て | 11:39 | comments(8) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER