一緒に歩こう。
たくさんの楽しいこと探して。
出逢ったすべてに感謝!ありがとう。
そして また会おうね。
果実が実におもしろい。
梅雨を境い目にして 野の花もがらりと模様替えされます。
春に楽しませてくれた花が実を付けています。

ナズナ

ナズナ (アブラナ科 ナズナ属)

別名:ペンペングサ シャミセングサ
道端でよく見かける花です。
この花の近縁種、仲間を見比べてみました。

マメグンバイナズナ

マメグンバイナズナ (アブラナ科 マメグンバイナズナ属)

公園の隅っこに毎年群生します。
梅雨の頃にはひざくらいの高さまで大きくなっています。
花序はほっそりとまとまった感じがします。

マメグンバイナズナ

夏が本番になるころ 茶色に色付き始めます。


グンバイナズナ

グンバイナズナ (アブラナ科 グンバイナズナ属)

ヨーロッパ原産の帰化植物
pandaさんにタネをいただき プランターで育てています。
アブラナ科の花の特徴がそのまま・・・。

グンバイナズナ

大きく育っています。
膝を超えるほどの大きさのものも 10センチ位しかないものもちゃんと花を咲かせ実を付けるんです。

グンバイナズナ

名前のとおりグンバイ形の短角果は楕円形で先端がややくぼんでいます。


くらべッこ

グンバイナズナとマメグンバイナズナの短角果を比べてみました。
一目瞭然。 その大きさの違いにあらためて びっくりです。

マメグンバイ


          グンバイナズナ                    マメグンバイナズナ

種子も全く違いました。
グンバイナズナのぐるぐるの溝がおもしろい!



指紋にそっくりでしょ?


| たね タネ 種子 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
セリバヒエンソウのたね
セリバヒエンソウ

セリバヒエンソウ (キンポウゲ科 ヒエンソウ属)コリソリダ属と書かれたものもあり・・・・悩!

5月に撮った花の写真。
タチツボスミレのようなブルーと 繊細な花が私のお気に入り。
帰化植物って、ちょっと迷惑がられる存在だったりするけれど
こんなにきれいなんです。 優しい目で見てあげて欲しい花です。


先日 セリバヒエンソウの咲いていた場所に行ってみました。

セリバヒエンソウ 果実

面白い形の果実ができていました。
豆の莢が3つくっついたような ハッカク(トウシキミ)のような形です。


ごろん、ごろん

裂けて中の種子が ゴロンごろん。
種子もまた 面白い形です。

種子をよーく見てみました。

セリバヒエンソウ 種子


   全体は丸い おまんじゅう型。
   周りにはらせん状に溝があり、
   一方の中心には窪みがあります。
   もう一方は わずかに山状になっています。
   種子を 転がしたり、袋に入れて振っても
   ほとんどが窪みを上にします。



種子を切ってみました。

ねこ? 熊?


   窪みのある側は空洞になっています。



水に入れて撹拌してみました。

ブイ?
   

   やっぱり 窪みのある側が上になります。


なぜそうなるのか・・・??
発芽、発根の時に何か関係があるのかしら・・・?
と、疑問を残したまま (いつもの事ながら。。。(^^ゞ) フェードアウトさせてぇ〜。






   

| たね タネ 種子 | 14:44 | comments(5) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER