一緒に歩こう。
たくさんの楽しいこと探して。
出逢ったすべてに感謝!ありがとう。
そして また会おうね。
<< 風薫る五月 | main | 私の庭から・・・ >>
楽しい仲間
今日は爽やかな空気と青空に恵まれました。

早朝散歩にも久しぶりに出掛けました。
家事を済ませたら、外に出て庭の掃除や花の写真を撮って
公園に出かけて、、、一日中お日様の下で過ごしました。

あっ!日焼けが!! シミ!! ソバカスがーーー!! 後悔先に立たず (ーー;)



朝の散歩から 公園の池で出会った仲間。

IMG_0182.JPG

スズメ ( スズメ目 ハタオリドリ科 )
どこにでもいて いつでも会える野鳥。
今日ははなおさら スズメが可愛く思えてなりません。

  庭の巣箱にスズメが営巣中でした。
  雛の声がし始めたと思ったのはつい最近。
  親鳥もせっせと餌を運んでいました。が、突然姿をみなくなり・・・
  昨日、環境事務所 鳥獣保護管理係に相談したところ、
  「営巣放棄」つまり「育児放棄」なのでは?ということでした。

Q 原因は?
A 過去5回この場所で巣立ちしたことを考えると 人間が影響したということは考えにくいと
  救われたような回答をいただきました。
  親鳥が不慮の事故・・・?

Q 私たちにできることは?
A 人間が介入して雛を育てても、野生に戻すことが困難。
  野生に戻したとしても自立して生き抜いていけるかというと、可能性は低い。
  無事に育つ生きることを知ってる子供たち(息子や娘の事)なので、
  雛の命が不幸なことになっても 命を知るということでは大きな財産になるだろう。
  つまり、自然の摂理に従う・・・「見守る」。
  雛たちが生きていく条件はマイナスが多いですが、「見守る」ことが最終的に
  プラスになると考えてください。

分かっていたつもりですが、何とも言い難い苦しい気持ちになります。
が、対応してくださった方の丁寧な対応とやさしい口調に救われました。

子供たちにそのまま伝え、様子を見ることにしました。
どうぞ 親鳥が帰ってきますように・・・。


さて、気持ちを切り替えて・・・

楽しい仲間たちの今朝の様子です。

IMG_0194.JPG

私たちが勝手に「かっちゃん、ぐっちゃん、げっちゃん」と名付けている
マガモと思っていましたが、公園の鳥見しているおじさんに伺うと「アイガモとの交雑」とのこと。

いつも3羽で行動し、楽しい仲良し仲間なんです。

IMG_0196.JPG

朝の毛づくろいが終わり、一休み。
『寝姿 1,2,3。』
あっ!一羽起きてますね。^_^;

次は、朝のストレッチ。

IMG_0185.JPG

IMG_0188.JPG

IMG_0189.JPG

そして・・・

IMG_0191.JPG

シンクロ♪


野生の鳥たちも精いっぱい生きてるんだなぁ。
いろんな環境の中で生き抜いていくんだなぁって。
楽しい仲間たちに幸あれ。
幼き命に明日がありますように。

| とり | 23:03 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL

http://fagus.jugem.jp/trackback/368
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER