毎日ちょっと喜びがあると幸せ。
小さな幸せ見つけていけるとうれしい。
<< 育てること 生きること | main | 二人旅 >>
タマノカンアオイ
久しぶりに里山散策に出かけました。
IMG_7406.JPG
竹林が気持ち良い!孟宗竹。
5月は竹にとっての秋らしく、黄色に変色した葉がくるくると回転しながら落ちてきます。
遠くから竹林を見ると そこだけ葉の色が黄色い。

そんな竹林の近くで初めての発見がありました。
IMG_7408.JPG
タマノカンアオイ (ウマノスズクサ科 カンアオイ属)
東京の多摩丘陵とその周辺部にのみ分布。
この里山で比較的見つけやすく 足元に当たり前のように葉を広げていました。
IMG_7412.JPG
ハート形の葉が大きいのや小さいのや。
IMG_7411.JPG
小さな葉は丸みを帯び光沢がある。斑紋はまだない。
あれれ???その周りの卵形の葉は何?
IMG_7410.JPG
何かの種が吹き溜まって 芽を出したのだろう・・・・
光沢があり両面とも無毛。
双又に分かれ比較的長い柄となる

何の植物だろう?

IMG_7415.JPG
あれっ!!!
枯れた双葉にタマノカンアオイのハート形の葉が出ています。
卵形の葉はタマノカンアオイだったのです。
どのくらいの期間で ハート形の葉にかわるのでしょうか?

親株のすぐ足元で子株がわんさかと自生。
花から種がこぼれた・・・それくらいの距離です。

大きな株になると葉を茂らせ大きな集団を作っています。
私は今まで 地下茎から葉を出しているものと思っていました。

遠くまで種子を飛ばしたり、種子を遠くまで運ぶ昆虫がいたなら
自生の分布は もっと広い範囲にわたることでしょう。

タマノカンアオイの秘密(?)を知ってしまった、そんな発見でした。


 

| 植物 | 21:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
COMMENT
竹の秋、ですね。
灰緑と黄色の対比が美しい☆

タマノカンアオイ、昨日行ったバラ園のある公園、その野草園でちょうど見かけました。
ほっちりと一株だけ。
やはり野生のものは活きがいいですね。

タマノカンアオイの秘密を知ってしまったha-chan ( 笑
卵形からハート形の葉にいつなるのか、これはもう観察しないわけにはいきません。
続報、楽しみにしています。

| 夕ひばり | 2015/05/24 1:43 PM |
*夕ひばりさん*

こんばんは^^
見慣れた草木も新しい発見があります。
ということは、知らないことがたくさんあるといことですよね。
知らないことがあるのは これまた 観察のし甲斐があるというもの
楽しみがいっぱいあるということ。

草花が私に内緒にしていることを少しずつ発見してみようと思っています。


| ha-chan | 2015/05/28 11:24 PM |
ha-chan、こんばんは
私も始めて知りました。カンアオイは芽が双葉だと…カンアオイは不思議な形をしているから双子葉類なんて思っていなかったのかも^m^
カンアオイの種子ってどんなのだろう?とか、どうして運んでもらうように進化しなかったのだろう?とか思うわけです。
カンアオイさん達から余計なお世話といわれそうですね。

| panda | 2015/06/05 9:30 PM |
*pandaさん*

こんばんは^^

図鑑などで双子葉食物だと書かれているのに読んでいるようで
読んでなかったことが分かった今回の発見でした。
この双葉を見るまではすっかり意識の向こう側、端っこでした。

カンアオイの花もどの状態が花期を過ぎたものかとか
種子が採れるのいつなのか 全くわからず種子を採取したくても
待ちくたびれてあきらめと失念。の 繰り返し。

種子がどのように運ばれていくのか 興味ありますね〜
今後も 注目したいです。


| ha-chan | 2015/06/11 11:49 PM |
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

http://fagus.jugem.jp/trackback/595
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER