毎日ちょっと喜びがあると幸せ。
小さな幸せ見つけていけるとうれしい。
啓蟄
3月5日、きょうは二十四節気の「啓蟄」
冬籠りしていた虫たちが 春の到来を感じて地上に這い出してくるという。

虫が動き出せば それを餌とする動物たちも活動を盛んにしていくことでしょう。
寒かった今年の冬も ちゃんと春が来た。


先日のこと・・・
森の中で ガサゴソ・・・ザッザッ。バサッバサッ・・

どこだ!!!

音はすれど姿は見えず・・・。 何処にいるかわかりますか?
この鳥はだ〜れ?

アカハラ???
ちょっと お腹の色の赤さが足りないような気がする。
土の中のミミズなどを嘴を使って探し出して食べるのだそう。

      *追記* 夕ひばりさんが「シロハラ」だと 教えてくれました。
             ありがとうございます。ヽ(^。^)ノ


ガビチョウ
                             ピンボケ写真でごめんなさい。

ガビチョウ 画眉鳥 ( スズメ目 チメドリ科 )
特定外来生物に指定されている。 日本の侵略的外来種ワースト100選定種。
私の近くでは 比較的よく見られる鳥です。
いろんな鳴き声でとっても賑やか♪
林や藪の中で ガサゴソ・・してたら、たいがいガビチョウ。


ジョウビタキ♀

ジョウビタキ♀ (スズメ目 ヒタキ科 ツグミ亜科)
オスのハッキリした色合いとは違うけれど
この優しい可愛いお顔とポッチャリ体型に好感持てます(*^。^*)

しばらく見てたら・・・

知らんぷり

メジロがやってきて 「じじじいじいじじじじじっじいい」 威嚇してます。
縄張り争い?
一方のジョウビタキは、ぷいっ!
どんなに 啼かれようと 近くを飛び回られようと 知らんぷり (^ε^) ミ<`ヘ´>彡
メジロはあきらめて 飛んで行きました。


森でコツコツ 木を叩く音がしたら、大概この鳥たち。

ヤマガラ

ヤマガラ (スズメ目 シジュウカラ科)

シジュウカラ

シジュウカラ (スズメ目 シジュウカラ科)

行動も食べるものも よく似ている鳥です。
あえて言うなら、ヤマガラの方が大胆な感じがします。
シジュウカラは人懐っこいけど 繊細。


コナラの林の方で コツコツ カッカッカッ 「じゅじゅじゅじゅ・・」
コガラかな? あっ、ヤマゲラ!!エナガも!!
まだまだ いろんな野鳥に出会える森でした。

* 写真はトリミングしています *



| とり | 00:02 | comments(8) | trackbacks(0) |
訪問者?
「かあさーん!! 〇×△@□π☆α∞・・・」
「何のこっちゃ??」

久しぶりの休日(金曜日だけど)の朝、庭で草むしりをしていたら
息子の叫び声。

「と、ととりぃ〜」 ますます、なんのこっちゃ?

IMG_9720.JPG

声のする2階に行ってみると 息子らが一点に向かってカメラを向けていました。

その先に・・・・・

IMG_9727.JPG

IMG_9722.JPG

きゃぉぉぉーん♡
ラブリー♡なシジュウカラの幼鳥が・・・・。 
そこは息子のタオルケット 「フンするなよぉ〜」と懇願する長男。


私も必死にカメラを向けました。 ← 子どもと同じレベル (-_-;)

左肩を怪我しているようでしたが、下手なりに飛ぶことはできるようです。

IMG_9715.JPG

開け放った窓から入ってきたようです。
10年前のツバメ以来の野鳥の訪問です。 

そっと捕まえて、庭の木の下の鉢植えにおいてやりました。

IMG_9731.JPG

何処からか シジュウカラの鳴き声がして、それに応えるように幼鳥も鳴きます。
庭木に移り、電線へと。親鳥(両親)に近づいていきます。

そして、親鳥と再会 ←感動した!!
親鳥は少し離れた場所で鳴き、片方の親が見守る中もう片方の親が餌を与えます。

IMG_9737.JPG

愛だよ、愛。

そして 3羽揃って飛んで行きました。


いやぁー、よかったね。


と、ところが 夕方のこと。
また同じであろうシジュウカラの幼鳥が 親鳥と離れてしまいオロオロしています。

IMG_9743.JPG

見てると危なっかしいほどに、飛ぶのがうまくないのです。
左肩の傷のせいかしら??

親鳥も離れた場所から 見ています。
近くにいくけれど 寄り添いはしない。見守っているように見えます。

自然の中は厳しい。
助けることも 見守ることも大事。 何より自分で生きて行くすべを身に付けさせることが大事。


「自分の力で生きなきゃ、それが自然の掟だよ。」

少し成長した息子らの言葉が胸に響いた夕暮れでした。
 

             追伸:来週のはじめ頃より、ちょっと留守にいたします。 
                            


       ********* お ま け *********

郵便局で貰いました。

IMG_9760.JPGIMG_9761.JPG


マスカット味のキャンディー☆
なんだか嬉しくなりました。 まだ 食べていません。


| とり | 00:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
楽しい仲間
今日は爽やかな空気と青空に恵まれました。

早朝散歩にも久しぶりに出掛けました。
家事を済ませたら、外に出て庭の掃除や花の写真を撮って
公園に出かけて、、、一日中お日様の下で過ごしました。

あっ!日焼けが!! シミ!! ソバカスがーーー!! 後悔先に立たず (ーー;)



朝の散歩から 公園の池で出会った仲間。

IMG_0182.JPG

スズメ ( スズメ目 ハタオリドリ科 )
どこにでもいて いつでも会える野鳥。
今日ははなおさら スズメが可愛く思えてなりません。

  庭の巣箱にスズメが営巣中でした。
  雛の声がし始めたと思ったのはつい最近。
  親鳥もせっせと餌を運んでいました。が、突然姿をみなくなり・・・
  昨日、環境事務所 鳥獣保護管理係に相談したところ、
  「営巣放棄」つまり「育児放棄」なのでは?ということでした。

Q 原因は?
A 過去5回この場所で巣立ちしたことを考えると 人間が影響したということは考えにくいと
  救われたような回答をいただきました。
  親鳥が不慮の事故・・・?

Q 私たちにできることは?
A 人間が介入して雛を育てても、野生に戻すことが困難。
  野生に戻したとしても自立して生き抜いていけるかというと、可能性は低い。
  無事に育つ生きることを知ってる子供たち(息子や娘の事)なので、
  雛の命が不幸なことになっても 命を知るということでは大きな財産になるだろう。
  つまり、自然の摂理に従う・・・「見守る」。
  雛たちが生きていく条件はマイナスが多いですが、「見守る」ことが最終的に
  プラスになると考えてください。

分かっていたつもりですが、何とも言い難い苦しい気持ちになります。
が、対応してくださった方の丁寧な対応とやさしい口調に救われました。

子供たちにそのまま伝え、様子を見ることにしました。
どうぞ 親鳥が帰ってきますように・・・。


さて、気持ちを切り替えて・・・

楽しい仲間たちの今朝の様子です。

IMG_0194.JPG

私たちが勝手に「かっちゃん、ぐっちゃん、げっちゃん」と名付けている
マガモと思っていましたが、公園の鳥見しているおじさんに伺うと「アイガモとの交雑」とのこと。

いつも3羽で行動し、楽しい仲良し仲間なんです。

IMG_0196.JPG

朝の毛づくろいが終わり、一休み。
『寝姿 1,2,3。』
あっ!一羽起きてますね。^_^;

次は、朝のストレッチ。

IMG_0185.JPG

IMG_0188.JPG

IMG_0189.JPG

そして・・・

IMG_0191.JPG

シンクロ♪


野生の鳥たちも精いっぱい生きてるんだなぁ。
いろんな環境の中で生き抜いていくんだなぁって。
楽しい仲間たちに幸あれ。
幼き命に明日がありますように。

| とり | 23:03 | - | trackbacks(0) |
ゆるやかな時間
ここのところ ゆっくりと散歩する時間が取れずにいます。
夜は早い時間に眠くなるし…
春が近い(もう、春?)というのに冬眠しているクマような気分です。・・・どんな?


そんな中、娘に熱望され、近所の調整池のある公園に行きました。
娘が一輪車で走り回っている間、私はぼんやり池を眺めました。


IMG_7422.JPG

傾きかけた太陽の光が水面に反射して、一段と眩しかった。

IMG_7416.JPG

池の中央にあるヤナギのてっぺんにカワウ。
いつ来ても この場所はカワウの指定席のようです。


IMG_7348.JPG

マガモ(オス)。いつもマガモのオス3羽が仲良く連れだっています。
なんだ、この結束力の強さは!!


IMG_7344.JPG

オナガガモ。羽の細かな模様がきれいだなぁっていつも思う。
「緻密な絵を描いてみたい」と思うのは
実際は描けないからなんだろうなぁ・・・と揺れる水面を見ながらぼんやり思う私。


IMG_7353.JPG

バン。鉄砲
いや、バンって名前。
嘴から眉間の赤がおしゃれ。
クルクルと鳴く声は どこか切ないような・・・。


IMG_7390.JPG

シジュウカラ(オス)
サクラの木に産み付けられたカマキリの「卵嚢」をつついてました。
たんぱく質たっぷり。栄養価が高そうです。

pandaさんのところで、ヤマガラがカマキリの卵嚢をついばんでいる写真を見ました。
ちょっと衝撃で、新鮮でした。
ヤマガラもシジュウカラも好みは似ているのかも。


こうして鳥たちを見ていると、冬の寒い時とは違って
穏やかにのんびり過ごしているように見えます。


サクラやコブシの芽もずいぶん大きく膨らんだし、
ホトケノザやオオイヌノフグリも花を咲かせているし・・・・

私もそろそろ 冬眠生活から抜け出さなくては!



| とり | 23:46 | comments(10) | trackbacks(0) |
夕暮れ散歩
今日も東京は寒ーい冬晴れ。
大寒です。
洗濯モノはよく乾いて、6回も洗濯機を回してしまった・・。


先日、「野鳥の姿を見ない」と記事にしましたが、
ここのところ急に野鳥の気配を感じます。
街路樹の実がなくなっていたり、電線の下に大量のフンがあったり・・

山から下りてきたんだなと想像して、嬉しいこのごろです。


夕方に散歩に出かけました。


IMG_6716.JPG


アキグミはたわわに実をつけていました。
数え切れないほどのメジロがついばんでいます。
賑やかに「ぴちゅぴちゅ」「じじじっ」

この散歩の2日後、アキグミの実はほぼ食べつくされていました。
なんと凄まじい!


さらにユズリハの実も・・・。

IMG_6727.JPG


調整池の公園に行ってみました。

やはり例年に比べてカモたちの数は少ないように思います。


IMG_6743.JPG

夕暮れ前の食事の時間のようです。
餌をねだられましたが、「もってないよ」って言ったら
プイッといってしまいました。

なんだかなぁ〜


東の空が色付いてきました。

IMG_6769.JPG

太陽が沈む西ではなく、東の空の夕焼け。
優しい、温かな色です。

しばし見惚れて、夕飯のことを思い出して帰ることに・・・

IMG_6793.JPG

池に映る西の空の夕焼けが・・・・・ため息が出ます。
実際の空の色より、水面の空の色が濃いんですね。

また 足を止めて見惚れて、娘に「早く帰らなくて良かったの?」と注意されてしまいました。  とほほ。



    ********* お ま け **********


IMG_6756.JPG


    空に浮かぶハート
    
    ‘ラブ注入!!’


しばらくして・・・


IMG_6760.JPG


    あっ!

    heartbreak!

| とり | 16:15 | comments(10) | trackbacks(0) |
羽ばたけ
この冬はどうもおかしい。と思うのは私だけかな?

妙に暖かい日があったり、寒かったり。
この時期にバラの蕾があったり。


ナンテンの実もソヨゴの実も全然減らない。無くならない。おかしい。

・・・・・鳥が来ないからだ!!!


そう、気が付いたのが去年の暮れ。
最近、やっとメジロやシジュウカラがちょくちょくやってくる様になりましたが・・・。

あの我がままし放題のヒヨちゃんが来ないのだ。
ヒヨちゃん、大丈夫か!!!           *注:ヒヨちゃん=ヒヨドリ

山に食べ物があふれているの?
それとも 何かあったの??



近所の池のある公園に行って見ました。

IMG_6466.JPG

ここでも ハナミズキがまだ、実をつけています。
いつもなら、鳥達が取り合い(「鳥愛」なんちゃって!)して
「ギューイ、ピーっ」と鳴き声が聞こえるのに。



IMG_6481.JPG

池では例年通り、カルガモやオナガガモが飛来して賑やかです。


コピー 〜 IMG_6473.JPG


コピー 〜 IMG_6469.JPG

コサギも20羽以上確認できました。
毎年、数が増えているようです。
ここが いい繁殖場所になってくれればなぁって思うのですが。




さて、そんな今日の夕方
すっごい空の色でした。


IMG_6544.JPG

富士山の南に太陽が沈んでいきました。
雲ひとつ無い空がオレンジ色に染まっています。


すこーしだけ、日の暮れる時間が延びたことに気が付いた夕暮れでした。

| とり | 23:57 | comments(12) | trackbacks(0) |
入居者募集中
我が家の庭に設置した巣箱からシジュウカラが巣立って
もう、2週間が過ぎました。

近くでシジュウカラの声がすると つい姿を探してしまいます。
まるで自分の子供を捜すかのように・・・。


住人がいなくなった巣箱ですが、取り外すのはもう少ししてからにしようと
そのまま木に固定しています。


最近、その巣箱を見学に来るものがいます。


IMG_0622.JPG

スズメ。

人気の物件らしく、数羽でやってきては言い争い(?)、ガン飛ばし、空中戦・・・
騒がしい現場となっています。

大家としてはもう少し平和的にやって欲しいものです。



新婚さんらしきスズメの姿も。

旦那さんは感極まって、雄たけびを一発。

IMG_0625.JPG

「やったぜー!俺達の住みかだぜぃ。」

奥様はあまり関心がないようで、喫茶店(水飲み場)にて休憩中。


鳥の世界も 奥様のご意見が決定権をお持ちなのでしょうか?

やはり新築物件をお探しですか?
築3ヶ月、日当たりもよくセキュリティー面も充実。ガードマン(人間)常駐。
ただ、リフォームが間に合っておりません。 ご了承下さい。


IMG_0633.JPG


現在の所、空き部屋は一件となっております。
早いもの勝ちでございます。
どうぞ 遠慮なく見学にお越し下さい。

敷金礼金 一切不要。
これ以上の好物件なかなかございません。
さぁ、今がチャンス!です。
お急ぎ下さい!!


営業努力が足りないのか、住み着いてくれません。




| とり | 23:45 | comments(8) | trackbacks(0) |
巣立ち
今朝、庭の巣箱のシジュウカラが巣立っていきました。
今年で3回目の巣立ちです。

朝、息子達のお弁当を作っている6時半ごろのことです。
我が家の文鳥の世話をしていた次男が

「お母さん!! 巣立ち!!」  

もうそろそろと思っていました。
孵化から14日前後で巣立つのです。


おいで、おいで。

親鳥が巣と庭木を行ったり来たり・・・。
「早く出ておいで!!」といっているかのようにツツッピィー、ツピツピ。

よく見るとクチバシに何かをくわえています。
餌で、誘い出しているのでしょうか?









まだクチバシも体も黄色の幼いシジュウカラ。
鳴き声だって、ジュクジュク、ギュイーィギュイーッ。

巣箱から顔を出すもののなかなか 飛びたてません。





そんなこんなを繰返して やっと飛び立ちました。
親鳥は 雛(まだ雛といっていいのか???)があちこちに飛ぶのをまとめながら、
全部の雛を連れてどこかに飛んでいきました。


雛にとってこれからが試練のとき。
自分で自分の身は守っていかねばなりません。
箱の中の狭い世界から 限りなく大きな自然に飛び出していった・・・勇気と希望。


御飯を食べるのも中断して家族で見守りました。
「みんな頑張って生きてね。」
感動の朝でした。





感動の後は メチャクチャ慌しかったです・・・・。笑^^
主人と私は仕事、息子は体育祭の朝練があり、慌てまくりでした。


| とり | 23:30 | comments(12) | trackbacks(0) |
鎌倉古道
思いつきで出かけたのは『鎌倉古道』
鎌倉時代の関東各地から鎌倉へ通じる道のひとつに出かけてみました。

何処まで続く・・・


緑地保全地区の中を通ることもあり、どんな自然に出会えるのか楽しみ・・・・。


木のトンネルだね。

クヌギやコナラの雑木林を抜けて行きます。
ここはちょっとした尾根になっているのでしょう。
風の強い日でしたから、「ごぉぉぉー!」という風の音が後から追いかけてくるように
聞こえてきました。
「さわさわ」と木々の枝が擦れあう音が高いところから聞こえます。
でも 私たちには風が通り過ぎる感触はなくて・・・。
「森に守られている」
いつになくロマンチックなことを言う長男です。


そんな時、目の前に現れたのは・・・

正面顔はヤンキー!

ルリビタキ(オス)。
青い羽が美しい。
ググッ、グググッ。
かわいい姿から想像できない低い声で鳴きます。


‘ポンチャン’

この後姿しか見せてくれなかったのは アオゲラ。
緑褐色の体とお腹の白黒の縞模様、頭頂部の赤いモヒカン。

一心不乱、木をつついていました。


ことことことこと・・・

木に登りながら、むしりとるような仕草。超高速です。
きっと 虫をついばんでいるのでしょう。こちらはコゲラ(メス)。


けけけっと鳴きます。

こちらは家の周辺でも見かける ツグミ。おなじみさん。


今日の散歩は植物より鳥との出会いが多かったです。
そうそう、もうひとつ。
鳥との出会いが・・・・

見て見て!白鳥さんだよ。

影を見てください。
どうでしょう?? 『白鳥』に見えるでしょうか?
先日の影絵を観に行って教えて貰った白鳥のつもりなのですが・・・。



     *********** お ま け ***********


この散歩に参加した長男、次男にはもうひとつ目的がありました。


この辺のはず・・・


途中、道から外れて登っていきます。
「この辺のはずなんだ!」

「おーい!あったよぉ」

見つけたものは、さてなんでしょう?目的はこれだった!

「三角点マニア」の次男。
標高128.4メートルの三等三角点を見つけました。

なんで これがいいのか、私には理解しがたいのですが
一生懸命地図で調べて、探して写真に撮る。
ついつい一緒になって付き合ってしまっています。←楽しんでいるともいえるかも。うふっ。



      ++++++++   番外編   ++++++++

発見した、つい和んでしまったもの。

懐かしき良き時代よ

『空き瓶花壇』
子どもの頃、よく見かけたような気がします。
実際、実家にはありました。今はないけれど。

瓶の色が お日様に照らされて時間によって光り方が変わるのをじっと見ているのが
好きな少女でした。  暇だったんだなぁ。
時々、水をかけて瓶を洗ったり・・・。花壇の水撒きはやらずに・・・おいおいっ!


ラン、ランらら、ランらんらん♪

究極のリサイクル。
完全にオブジェ化していました。
この自転車で出かけたらどんなに楽しいだろう。想像するだけで楽しくなりました。




| とり | 00:12 | comments(8) | trackbacks(0) |
みーつけた。
先週 公園で見つけたハクセキレイ。

氷上の妖精?

公園の池が一部 凍っていました。
その上をちょこちょこ走っていました。
飛ぶより、泳ぐより、歩くのがお得意のようです。

何かご用かしら?

ハクセキレイのお顔はこんな感じ。
正面から鳥の顔を見ると 「びっくりしている」か、「ケンカ売っているか」のどちらか。
ハクセキレイはケンカのほう。




お食事中。うまいっ!

一心不乱に食事しているのはヤマガラ。
落ちているユリノキの実をくわえて枝に止まり、嘴で突いて種子を食べます。
食べかすが見たくて枝から落ちるのを追って探したのですが、
他のユリノキの実と混ざって見つけられない。
どうするべ・・・。

 
ひらめいた!!!
落ちているユリノキの実を家に置いてヤマガラをおびき寄せて食べさせる。
庭に落ちた食べかすなら探しやすいに違いない。
う〜ん、われながら名案。
早速、拾い集めましょう。  ←そんな上手い具合に食べにきてくれるのかしら?





実は雑食なの。

花の蜜や甘い木の実を食べるイメージのメジロ。
木の幹をほじるようにして何かを食べている。
たぶん、木の皮の下にいる虫たちを食べているんだと思います。

ちゅるちゅる、ちりちり・・・おしゃべりも絶好調!!




哀愁漂う背中・・・

飛び立ったときにお日様に照らされて
橙色の体が光って見えます。
ジョウビタキのオスです。
ここは彼の縄張りでしょうか?



これから恋の季節に入る野鳥も
冬が終われば旅に出る野鳥も。
ここは自然がいっぱい。 ・・・東京都???って思うよ。






道端でみつけた・・・

春の使者♪


オオイヌノフグリ。

ちっちゃな春、みーつけた。




| とり | 23:12 | comments(10) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER