一緒に歩こう。
たくさんの楽しいこと探して。
出逢ったすべてに感謝!ありがとう。
そして また会おうね。
ゆるやかな時間
ここのところ ゆっくりと散歩する時間が取れずにいます。
夜は早い時間に眠くなるし…
春が近い(もう、春?)というのに冬眠しているクマような気分です。・・・どんな?


そんな中、娘に熱望され、近所の調整池のある公園に行きました。
娘が一輪車で走り回っている間、私はぼんやり池を眺めました。


IMG_7422.JPG

傾きかけた太陽の光が水面に反射して、一段と眩しかった。

IMG_7416.JPG

池の中央にあるヤナギのてっぺんにカワウ。
いつ来ても この場所はカワウの指定席のようです。


IMG_7348.JPG

マガモ(オス)。いつもマガモのオス3羽が仲良く連れだっています。
なんだ、この結束力の強さは!!


IMG_7344.JPG

オナガガモ。羽の細かな模様がきれいだなぁっていつも思う。
「緻密な絵を描いてみたい」と思うのは
実際は描けないからなんだろうなぁ・・・と揺れる水面を見ながらぼんやり思う私。


IMG_7353.JPG

バン。鉄砲
いや、バンって名前。
嘴から眉間の赤がおしゃれ。
クルクルと鳴く声は どこか切ないような・・・。


IMG_7390.JPG

シジュウカラ(オス)
サクラの木に産み付けられたカマキリの「卵嚢」をつついてました。
たんぱく質たっぷり。栄養価が高そうです。

pandaさんのところで、ヤマガラがカマキリの卵嚢をついばんでいる写真を見ました。
ちょっと衝撃で、新鮮でした。
ヤマガラもシジュウカラも好みは似ているのかも。


こうして鳥たちを見ていると、冬の寒い時とは違って
穏やかにのんびり過ごしているように見えます。


サクラやコブシの芽もずいぶん大きく膨らんだし、
ホトケノザやオオイヌノフグリも花を咲かせているし・・・・

私もそろそろ 冬眠生活から抜け出さなくては!



| とり | 23:46 | comments(10) | trackbacks(0) |
夕暮れ散歩
今日も東京は寒ーい冬晴れ。
大寒です。
洗濯モノはよく乾いて、6回も洗濯機を回してしまった・・。


先日、「野鳥の姿を見ない」と記事にしましたが、
ここのところ急に野鳥の気配を感じます。
街路樹の実がなくなっていたり、電線の下に大量のフンがあったり・・

山から下りてきたんだなと想像して、嬉しいこのごろです。


夕方に散歩に出かけました。


IMG_6716.JPG


アキグミはたわわに実をつけていました。
数え切れないほどのメジロがついばんでいます。
賑やかに「ぴちゅぴちゅ」「じじじっ」

この散歩の2日後、アキグミの実はほぼ食べつくされていました。
なんと凄まじい!


さらにユズリハの実も・・・。

IMG_6727.JPG


調整池の公園に行ってみました。

やはり例年に比べてカモたちの数は少ないように思います。


IMG_6743.JPG

夕暮れ前の食事の時間のようです。
餌をねだられましたが、「もってないよ」って言ったら
プイッといってしまいました。

なんだかなぁ〜


東の空が色付いてきました。

IMG_6769.JPG

太陽が沈む西ではなく、東の空の夕焼け。
優しい、温かな色です。

しばし見惚れて、夕飯のことを思い出して帰ることに・・・

IMG_6793.JPG

池に映る西の空の夕焼けが・・・・・ため息が出ます。
実際の空の色より、水面の空の色が濃いんですね。

また 足を止めて見惚れて、娘に「早く帰らなくて良かったの?」と注意されてしまいました。  とほほ。



    ********* お ま け **********


IMG_6756.JPG


    空に浮かぶハート
    
    ‘ラブ注入!!’


しばらくして・・・


IMG_6760.JPG


    あっ!

    heartbreak!

| とり | 16:15 | comments(10) | trackbacks(0) |
羽ばたけ
この冬はどうもおかしい。と思うのは私だけかな?

妙に暖かい日があったり、寒かったり。
この時期にバラの蕾があったり。


ナンテンの実もソヨゴの実も全然減らない。無くならない。おかしい。

・・・・・鳥が来ないからだ!!!


そう、気が付いたのが去年の暮れ。
最近、やっとメジロやシジュウカラがちょくちょくやってくる様になりましたが・・・。

あの我がままし放題のヒヨちゃんが来ないのだ。
ヒヨちゃん、大丈夫か!!!           *注:ヒヨちゃん=ヒヨドリ

山に食べ物があふれているの?
それとも 何かあったの??



近所の池のある公園に行って見ました。

IMG_6466.JPG

ここでも ハナミズキがまだ、実をつけています。
いつもなら、鳥達が取り合い(「鳥愛」なんちゃって!)して
「ギューイ、ピーっ」と鳴き声が聞こえるのに。



IMG_6481.JPG

池では例年通り、カルガモやオナガガモが飛来して賑やかです。


コピー 〜 IMG_6473.JPG


コピー 〜 IMG_6469.JPG

コサギも20羽以上確認できました。
毎年、数が増えているようです。
ここが いい繁殖場所になってくれればなぁって思うのですが。




さて、そんな今日の夕方
すっごい空の色でした。


IMG_6544.JPG

富士山の南に太陽が沈んでいきました。
雲ひとつ無い空がオレンジ色に染まっています。


すこーしだけ、日の暮れる時間が延びたことに気が付いた夕暮れでした。

| とり | 23:57 | comments(12) | trackbacks(0) |
入居者募集中
我が家の庭に設置した巣箱からシジュウカラが巣立って
もう、2週間が過ぎました。

近くでシジュウカラの声がすると つい姿を探してしまいます。
まるで自分の子供を捜すかのように・・・。


住人がいなくなった巣箱ですが、取り外すのはもう少ししてからにしようと
そのまま木に固定しています。


最近、その巣箱を見学に来るものがいます。


IMG_0622.JPG

スズメ。

人気の物件らしく、数羽でやってきては言い争い(?)、ガン飛ばし、空中戦・・・
騒がしい現場となっています。

大家としてはもう少し平和的にやって欲しいものです。



新婚さんらしきスズメの姿も。

旦那さんは感極まって、雄たけびを一発。

IMG_0625.JPG

「やったぜー!俺達の住みかだぜぃ。」

奥様はあまり関心がないようで、喫茶店(水飲み場)にて休憩中。


鳥の世界も 奥様のご意見が決定権をお持ちなのでしょうか?

やはり新築物件をお探しですか?
築3ヶ月、日当たりもよくセキュリティー面も充実。ガードマン(人間)常駐。
ただ、リフォームが間に合っておりません。 ご了承下さい。


IMG_0633.JPG


現在の所、空き部屋は一件となっております。
早いもの勝ちでございます。
どうぞ 遠慮なく見学にお越し下さい。

敷金礼金 一切不要。
これ以上の好物件なかなかございません。
さぁ、今がチャンス!です。
お急ぎ下さい!!


営業努力が足りないのか、住み着いてくれません。




| とり | 23:45 | comments(8) | trackbacks(0) |
巣立ち
今朝、庭の巣箱のシジュウカラが巣立っていきました。
今年で3回目の巣立ちです。

朝、息子達のお弁当を作っている6時半ごろのことです。
我が家の文鳥の世話をしていた次男が

「お母さん!! 巣立ち!!」  

もうそろそろと思っていました。
孵化から14日前後で巣立つのです。


おいで、おいで。

親鳥が巣と庭木を行ったり来たり・・・。
「早く出ておいで!!」といっているかのようにツツッピィー、ツピツピ。

よく見るとクチバシに何かをくわえています。
餌で、誘い出しているのでしょうか?









まだクチバシも体も黄色の幼いシジュウカラ。
鳴き声だって、ジュクジュク、ギュイーィギュイーッ。

巣箱から顔を出すもののなかなか 飛びたてません。





そんなこんなを繰返して やっと飛び立ちました。
親鳥は 雛(まだ雛といっていいのか???)があちこちに飛ぶのをまとめながら、
全部の雛を連れてどこかに飛んでいきました。


雛にとってこれからが試練のとき。
自分で自分の身は守っていかねばなりません。
箱の中の狭い世界から 限りなく大きな自然に飛び出していった・・・勇気と希望。


御飯を食べるのも中断して家族で見守りました。
「みんな頑張って生きてね。」
感動の朝でした。





感動の後は メチャクチャ慌しかったです・・・・。笑^^
主人と私は仕事、息子は体育祭の朝練があり、慌てまくりでした。


| とり | 23:30 | comments(12) | trackbacks(0) |
鎌倉古道
思いつきで出かけたのは『鎌倉古道』
鎌倉時代の関東各地から鎌倉へ通じる道のひとつに出かけてみました。

何処まで続く・・・


緑地保全地区の中を通ることもあり、どんな自然に出会えるのか楽しみ・・・・。


木のトンネルだね。

クヌギやコナラの雑木林を抜けて行きます。
ここはちょっとした尾根になっているのでしょう。
風の強い日でしたから、「ごぉぉぉー!」という風の音が後から追いかけてくるように
聞こえてきました。
「さわさわ」と木々の枝が擦れあう音が高いところから聞こえます。
でも 私たちには風が通り過ぎる感触はなくて・・・。
「森に守られている」
いつになくロマンチックなことを言う長男です。


そんな時、目の前に現れたのは・・・

正面顔はヤンキー!

ルリビタキ(オス)。
青い羽が美しい。
ググッ、グググッ。
かわいい姿から想像できない低い声で鳴きます。


‘ポンチャン’

この後姿しか見せてくれなかったのは アオゲラ。
緑褐色の体とお腹の白黒の縞模様、頭頂部の赤いモヒカン。

一心不乱、木をつついていました。


ことことことこと・・・

木に登りながら、むしりとるような仕草。超高速です。
きっと 虫をついばんでいるのでしょう。こちらはコゲラ(メス)。


けけけっと鳴きます。

こちらは家の周辺でも見かける ツグミ。おなじみさん。


今日の散歩は植物より鳥との出会いが多かったです。
そうそう、もうひとつ。
鳥との出会いが・・・・

見て見て!白鳥さんだよ。

影を見てください。
どうでしょう?? 『白鳥』に見えるでしょうか?
先日の影絵を観に行って教えて貰った白鳥のつもりなのですが・・・。



     *********** お ま け ***********


この散歩に参加した長男、次男にはもうひとつ目的がありました。


この辺のはず・・・


途中、道から外れて登っていきます。
「この辺のはずなんだ!」

「おーい!あったよぉ」

見つけたものは、さてなんでしょう?目的はこれだった!

「三角点マニア」の次男。
標高128.4メートルの三等三角点を見つけました。

なんで これがいいのか、私には理解しがたいのですが
一生懸命地図で調べて、探して写真に撮る。
ついつい一緒になって付き合ってしまっています。←楽しんでいるともいえるかも。うふっ。



      ++++++++   番外編   ++++++++

発見した、つい和んでしまったもの。

懐かしき良き時代よ

『空き瓶花壇』
子どもの頃、よく見かけたような気がします。
実際、実家にはありました。今はないけれど。

瓶の色が お日様に照らされて時間によって光り方が変わるのをじっと見ているのが
好きな少女でした。  暇だったんだなぁ。
時々、水をかけて瓶を洗ったり・・・。花壇の水撒きはやらずに・・・おいおいっ!


ラン、ランらら、ランらんらん♪

究極のリサイクル。
完全にオブジェ化していました。
この自転車で出かけたらどんなに楽しいだろう。想像するだけで楽しくなりました。




| とり | 00:12 | comments(8) | trackbacks(0) |
みーつけた。
先週 公園で見つけたハクセキレイ。

氷上の妖精?

公園の池が一部 凍っていました。
その上をちょこちょこ走っていました。
飛ぶより、泳ぐより、歩くのがお得意のようです。

何かご用かしら?

ハクセキレイのお顔はこんな感じ。
正面から鳥の顔を見ると 「びっくりしている」か、「ケンカ売っているか」のどちらか。
ハクセキレイはケンカのほう。




お食事中。うまいっ!

一心不乱に食事しているのはヤマガラ。
落ちているユリノキの実をくわえて枝に止まり、嘴で突いて種子を食べます。
食べかすが見たくて枝から落ちるのを追って探したのですが、
他のユリノキの実と混ざって見つけられない。
どうするべ・・・。

 
ひらめいた!!!
落ちているユリノキの実を家に置いてヤマガラをおびき寄せて食べさせる。
庭に落ちた食べかすなら探しやすいに違いない。
う〜ん、われながら名案。
早速、拾い集めましょう。  ←そんな上手い具合に食べにきてくれるのかしら?





実は雑食なの。

花の蜜や甘い木の実を食べるイメージのメジロ。
木の幹をほじるようにして何かを食べている。
たぶん、木の皮の下にいる虫たちを食べているんだと思います。

ちゅるちゅる、ちりちり・・・おしゃべりも絶好調!!




哀愁漂う背中・・・

飛び立ったときにお日様に照らされて
橙色の体が光って見えます。
ジョウビタキのオスです。
ここは彼の縄張りでしょうか?



これから恋の季節に入る野鳥も
冬が終われば旅に出る野鳥も。
ここは自然がいっぱい。 ・・・東京都???って思うよ。






道端でみつけた・・・

春の使者♪


オオイヌノフグリ。

ちっちゃな春、みーつけた。




| とり | 23:12 | comments(10) | trackbacks(0) |
鳥たちの朝
朝日に染まる空を見たくて 
昨日 早朝散歩に出かけました。

午前5時半過ぎ。
まだ 暗いうちに家を出ました。
しかし 空は一向に明るくなっていきません。

厚い雲に覆われ、美しい朝焼けになりそうにありません。 残念。



水鳥の住む公園に来ました。
カモたちが少しずつ葦の陰から姿を現してきます。
ちょうどお目覚めのようです。

寝坊のコサギ。木の上で丸くなって動きません。


その時 一斉に飛び立ちました。

飛翔

14,5羽のコサギが螺旋を描きながら、高く高く・・・・。



少し離れたところで・・・


狩人の目

カワセミが獲物を狙っていました。
鯉が泳いでいますが、カワセミの相手としては大き過ぎ。 


ゆっくり 白く明るくなる空。
次第に風が出てきて寒くなりなした。



帰り道・・・
ナンキンハゼの実を食べるキジバトを見つけました。


狙って、狙って・・・・

それっ!そこだぁぁぁー!

ありゃりゃりゃ!!


細い枝先についている実を食べるには 
ちょっとの知恵と
ほんのちょっとの勇気、
そして ちょっとの技が必要のようです。



今度こそ!

GET!だぜ!!

やっと 食べられました。



キジバトだけでなく ヒヨドリもこの実を狙っていました。
鳥達は打ち合わせをしたように 上のほうの実から順に食べているように見えます。
上の方から食べごろになるのでしょうか?

どんなお味なのでしょう?


味、といえば ガマズミの実を食べてみました。
小さな粒の実にしては 大きい種があります。
果肉を味わう・・・そういう木の実じゃないです。
ただ すっぱさと後からほんのり感じる甘さは 
あの小さな実にしては強いように寒じました。
やっぱり、果実酒などで味わうといいかも。










| とり | 17:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
久々の 早朝散歩
梅雨明けが発表になり、夏がきたぞ!!と気合を入れたのもつかの間
梅雨空が戻ってきました。

そんな中 先日の日曜日は暑かった・・・。

久々に早朝散歩に出かけました。
いつもなら息子達も一緒なのですが、ちょうど林間学校に行っていたので
私一人の散歩となりました。


散歩道


キレイな空色。
木々の緑が活き活きとしています。

いつもの調整池に出かけました。


すずめ

人懐っこいスズメでした。
まだ足の色が幼い若鳥のように見えましたが、地面を嘴で突いて何かを食べている姿は
もう、立派に一人前になったスズメでした。



バン 雛

こちらは まだ雛のバン。


バン 親子

親鳥と一緒に泳いで散歩。
途中疲れて 池の中に生えている葦の葉の上で一休み。
羽づくろいしたり、葉を突いてみたり。
雛も一生懸命に親鳥を真似ているように見えました。



そんな親子のすぐそばにある水鳥の島の柳の上に
アオサギがいました。

アオサギ

朝日に向かって忙しなく顔をブルルルと動かしています。

アオサギ

器用に翼を広げて 翼の内側を乾燥させているように見えます。



カモやカイツブリも日向ぼっこしたり、食事したり。
水辺の宝石といわれるカワセミが 今日もまた姿を見せてくれていました。




この日、「おや、今日はお母さんだけかい? 息子達はどうしたんだ?」
と声をかけられました。
良く見かけるおじさんです。

挨拶を交わす程度のおじさんです。
ちょっと話をしました。
息子達と話をしたことがあるのでしょうか?
「前にカメラ持ってきて カワセミ撮ってたよ。
ありゃ、母ちゃんに内緒でカメラ持ち出したなって思ったんだ。(笑)
上手く撮ってたよ。」
「鳥が好きなんだってね。家でも飼ってるっていっていた。」

どちらかというと人見知りする方だと思っていたのですが、
私の知らないところで
よそのおじさんと会話していたのには驚きです。

「熱中するタイプだね。
中学2年くらいになったらいろんな事が見えてくるから
男の子は変わるよ。
楽しみだねぇ。いい子達だよ。」

なんだか嬉しくなります。
殺伐とした世の中になってきたというけれど、
こうして子供達を見てくださっている方がいてくれること
ありがたいと思います。

あらためて、ひとつひとつの出会いを大事にしていきたいと思ったのでした。


が、‘母ちゃんに内緒でカメラ持ち出し・・・’ んんんー!!
いつのことだぁ?  むむむ・・・

ま、いっか!時効ということにしてやりますか。  我ながら心の広いこと・・・。
 




















| とり | 15:01 | comments(6) | trackbacks(0) |
鳥達の初夏
「今年の空に何か足りない。」

そう気付いたのはつい先日。
何が足りないのか・・・・。

『ツバメ』です。

4月の初めに今年の‘ツバメ1号’を発見。
「いつもの年より2〜3週間早いよね。」と息子達と確認。

巣を作る場所を探して家の玄関あたりを飛び回る姿は見かけました。
が、餌を探して飛び回る親鳥や恋のお相手と羽を休めチュピチュピおしゃべりするペアも見かけません。

何処で子育てをしているのでしょう。
去年の巣はどうなったのでしょう。



いつもと変わらないのは・・・


《シジュウカラ 若鳥》

シジュウカラ 若鳥  虫をGet!!

シジュウカラは大家族。
庭にやってくるときは家族で来ることが多いようです。

若鳥は4羽いました。 (通常、約8個産卵することを考えると半分です。厳しい自然を想像してします。)

庭木に止まったり、地面に下りたり。
ツピー、ツピーと綺麗な声で親鳥。
ジュビジュビ、ヂヂヂィヂヂヂィと若鳥。
まだまだ 半人前。

けれど 虫をGET!!
他の若鳥に追いかけられていました。 ちょっと自慢気に高い木に止まって悠々お食事していました。




《スズメ》

スズメの親子

散歩道にて・・・。

スズメは1羽の親が1羽のコスズメをつれているところを見かけます。
2羽の距離は付かず離れず。

コスズメも餌探しをしているようですが、注意力散漫! うわの空! まだまだ無邪気です。


「付いてらっしゃい!!」 「えっ!」

飛び立つ親鳥。
それに驚くコスズメ。
慌てて付いていきました。 ジタバタ加減があどけなくって。きゅん♪としちゃいます。




《ハクセキレイ》

ハクセキレイ若鳥
                                 トリミングしました。


近くに親鳥の姿が見えません。

嘴の端っこがまだ黄色いように見えます。
嘴が黄色いうちは親からの給餌が必要なんじゃないの?

勝手に心配。 私の前を道案内するように歩く姿はもう立派なものです。
しかし、ハクセキレイはどうしてこんなに歩くのでしょう。
飛んだほうが危険を素早く回避できるんじゃないの?



今 野鳥達の子供達が自立に向けて訓練の真っ最中。
メジロやシジュウカラより巣立ちに時間がかかるツバメ。(メジロは約12日、ツバメは約22日だとか・・・)


ツバメの親子が飛行訓練のために空を飛びまわる日を楽しみに待ちたいと思います。
















| とり | 10:58 | comments(11) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
みーつけた!
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER